「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第16回全国まちづくりカレッジ2015in香川

2015年2月21日(土)・22日(日)
b0101496_13442368.jpg

香川大学および直島で開催された2日間にわたって、

第16回全国まちづくりカレッジ2015in香川

通称「まちカレ」が開催されました。
b0101496_13445558.jpg

今回は20団体、100名を超える学生が全国から集まり、
高校からの参加も数件ありました。

2002年関西学院大学から始まった「まちカレ」は
今回で16回目を迎えました。

今回の特徴はずばり「進化」したまちカレでした。
主な「進化」を3つほど。

①各団体事例発表が全体会+分科会方式に
(前半がダイジェスト版を全員で共有する全体会、
後半が、小教室に分かれて詳しく報告・質疑応答の時間をとった分科会)

全体会で気になった団体を少人数の分科会で
質疑応答を交えて深く知ることができました。

②各団体に共通する活動上の課題を話し合うワークショップ
(主なテーマは「継続性のあるプロジェクト運営」
「地域の巻き込み方」「まちカレのあり方」など6つのテーマ)
b0101496_1345402.jpg

今回まちカレ初登場の課題解決型ワークショップでした。
各自の経験から、その課題の要因を洗い出し、
解決策をグループ参加者で話しあうスタイルは、

学生たちの日ごろの悩みを相談できるいい機会ともなりました。

③スマホを使ったロゲイニングによるまち歩きゲーム
(地図をもとに、時間内にチェックポイントを回り、得点を集める。
今回はチェックポイントをスマホ写真で撮り、事務局にラインで送付する形式)

2日目、直島本村地区限定で開催。
b0101496_1346159.jpg

町長さんを始め、地域の方々もポイントとなる地域交流型のまち歩きと、
チーム一丸となってポイントを競い合うゲームとが融合したプログラムでした。

以上、これまでのまちカレで課題とされていた点が
みごとに改善されていました。

また、プログラムとは別に、
1年前のカフェサミットin香川と比較して、
実行委員の香川大学地域活性化プロジェクトのみなさんの「進化」も
実感することができました。

打ち合わせや準備・練習を十分に行っていると
感じることができたプログラム運営。

そして、なによりも実感したのは直P学生のみなさんの「直島愛」でした。

ロゲイニングでの地域との関係づくりやオプショナルツアーでの
学生アテンダントの説明・対応からそれを十分に感じとることができました。

今回参加した多くの学生さんたちの「まちカレ」での「学び」を、
今後は地元での活動に活かしていかれることを期待したいと思います。

最後になりますが、
このようなすばらしいまちカレプログラムの企画・運営を担当した
「直島地域活性化プロジェクト」および顧問の古川先生に感謝申し上げます。
ありがとうございました。

【まちカレin香川 参加団体一覧】
・京都文教大学 宇治茶☆レンジャー
・京都文教大学 商店街活性化隊 しあわせ工房 CanVas
・広島経済大学 興動館 カフェ運営プロジェクト
・大分大学 田舎で輝き隊! 竹田班、臼杵班
・皇學館大学 地域社会研究会
・和歌山大学 cafe with
・星城大学 seijoh CSV Project
・名古屋学院大学マイルポストクラブ
・岐阜経済大学 まちなか共同研究室マイスター倶楽部
・一橋大学 国立富士見台人間環境センター
・明治学院大学 服部ゼミナール
・東海大学 地域カフェ研究会
・三木高校
・観音寺中央高校
・倉敷南高校
・岡山南高校
・香川大学 小豆島SAKATEプロジェクト
・香川大学 Bonsai☆Girls Project
・香川大学 直島地域活性化プロジェクト

以上、16大学4高校の合わせて20団体、約150名の参加でした。

-----------------------

『全国まちづくりカレッジ』とは

全国まちづくりカレッジ(通称まちカレ)とは、
大学と市町村行政・商工会議所・商店街・NPO等との協働により、
大学教育と地域社会を連動させ、

まちづくり活動の学習や実践に結び付けようとしている
大学関係者(学生や教職員)が集い、
事例報告・ワークショップ・交流イベントなど
のプログラムからなる全国規模での学生主体のフォーラムのこと。

    主催大学名  地域名    開催年月  開催名

第1回 関西学院大学 兵庫県三田市 2002年6月「全国まちラボ大集合」

 岐阜経済大学・早稲田大学・吉備国際大学・徳島大学・奈良女子大学
 ・東京大学・関東学院大学・関西学院大学

第2回 岐阜経済大学 岐阜県大垣市 
             2003年3月「まちづくりカレッジin大垣」

 酪農学園大学・高崎経済大学・中央大学・名古屋学院大学・日本福祉大学
 ・岐阜大学・関西学院大学・佐賀大学・沖縄大学・岐阜経済大学

第3回 佐賀大学   佐賀県佐賀市 
             2004年3月「まちづくりカレッジin佐賀」

 名古屋学院大学・岐阜経済大学・岐阜大学・関西学院大学
 ・金沢大学・九州大学・長崎大学・長崎ウエスレヤン大学
 ・追手門学院大学・吉備国際大学・久留米大学
 ・九州龍谷短期大学・沖縄大学・佐賀商業高校・佐賀大学

第4回 沖縄大学   沖縄県那覇市 
             2005年3月「まちづくりカレッジin那覇」

 名古屋学院大学・岐阜経済大学・星城大学・関西学院大学
 ・金沢大学・追手門学院大学・佐賀大学
 ・梅花女子大短期大学・沖縄大学

第5回 名古屋学院大学 2005年8月
   愛・地球博会場(愛知県瀬戸市)「EXPOまちづくりカレッジ」
            および瀬戸市「まちづくりカレッジin瀬戸」

第6回 関西学院大学 兵庫県三田市 
             2006年3月「全国まちづくりカレッジin三田」

第7回 佐賀大学   佐賀県佐賀市 
             2007年3月「全国まちづくりカレッジin佐賀」
第8回 岐阜経済大学 岐阜県大垣市 
             2007年11月「全国まちづくりカレッジin大垣」

第9回 大阪人間科学大学 大阪府摂津市 
             2008年11月「全国まちづくりカレッジin摂津」
第10回 名古屋学院大学 名古屋市熱田区 
             2009年11月「全国まちづくりカレッジin名古屋」

第11回 香川大学 香川県高松市および直島 
             2010年11月「全国まちづくりカレッジin直島」

京都文教大学 京都府宇治市 
             2011年10月「プレ全国まちづくりカレッジin宇治」

第12回 沖縄大学 沖縄県那覇市 
             2012年3月「全国まちづくりカレッジin沖縄」
第13回 皇学館大学 三重県伊勢市 
             2012年11月「全国まちづくりカレッジ in伊勢」

松本大学 長野県松本市 2013年3月「プレ全国まちづくりカレッジin松本」

第14回 明治学院大学 東京都江東区 
             2013年10月「全国まちづくりカレッジin東京」
第15回 星城大学 愛知県東海市 
             2014年9月「全国まちづくりカレッジin東海」

第16回 香川大学 香川県高松市および直島 
             2015年2月「全国まちづくりカレッジin香川」
第17回 岐阜経済大学(予定)
第18回 ?
[PR]
by milepost | 2015-02-28 13:48 | 大学間ネットワーク

名古屋市商店街振興組合連合会主催「あきない塾21」

2015年2月19日
b0101496_2235120.jpg

愛知学院大学名城キャンパスにて開催された
名古屋市商店街振興組合連合会主催の「あきない塾21」に、
パネリストの一人として参加しました。

テーマは「商学連携」

商学連携を希望されている、
あるいは始めたばかりという商店街関係者向けに、
商店街の課題として、次の発言をさせていただきました。

①教員・学生を受け入れる力
(異文化の衝突かもしれませんが、暖かく迎えてください)

②やりたいようにやらせる

③学生を消費しない
(学生は使い勝手のいいボランティアではありません。自戒を込めて)

④顔の見える関係を支える場づくり

私たちが現在連携させていただいている日比野商店街とは、
こうした課題を乗り越え、
また、大学側がそれに応える形で結果を出すことによって、
WinWinの関係から信頼関係が生まれていきました。
[PR]
by milepost | 2015-02-19 22:00 | 商店街活性化

「もうひとつのチョコレート展」inなごや ゴールイベント

2015年2月14日(土)
b0101496_12444168.jpg

1月9日から始まった「もうひとつのチョコレート展」のリレー開催が
バレンタインデイの今日、ゴールイベントを迎えました。

14か所目となる会場は、
セントラルパーク地下街のパークスクウェアです。
b0101496_1245207.jpg

フェアトレードチョコのパネル展示および販売はもちろん
にんじんクラブさまによるフェアトレードカレーの試食会や
愛知商業高校のフェアトレードカカオを使ったアイス販売、
そして、特設ステージにて、7団体がリレー形式で出演しました。
b0101496_12465172.jpg

「名古屋学院大学フェアトレードプロジェクト」チームは2番目に登場。
バレンタインのビターな思い出話やフェアトレードクイズ大会などで
会場を盛り上げました。
b0101496_12471515.jpg

会場では、フェアトレード推進活動をしている
名古屋の大学生・高校生が大集合。

先述の愛知商業高校ユネスコクラブ、そして
愛知大学国際協力団体SEEDや
名古屋外国語大学国際協力サークル「リンクス」のみなさんも参加。

連日にわたる販売応援での活躍はもちろん、
最終日ではステージにて元気に活動報告をしました。
b0101496_12555640.jpg

今回の「もうひとつのチョコレート展inなごや」では、多くのメディアの方々に
取材をしていただきました。

オープニングイベントでは、中日新聞、毎日新聞、そして、
名古屋の環境情報誌「Risa」WEB版ニュース

そして、2月5日には、NHK総合名古屋放送局制作「ほっとイブニング」にて特集。
名古屋学院大学フェアトレードプロジェクトメンバーが、
バレンタインデイイベントの意気込みを伝えました。
b0101496_14201963.jpg

b0101496_14203836.jpg

また、2月10日には、サカエ経済新聞
でも取り上げていただきました。

2月13日土曜日の朝日新聞朝刊名古屋版には
『チョコっと国際貢献 高まる関心』っていうかわいいタイトルで。
b0101496_13564791.jpg

2月16日(月)の中日新聞朝刊なごや市民版には、
色鮮やかなチョコの数々をカラー写真で。
b0101496_1356318.jpg

バレンタインデイ当日には、テレビ愛知の夕方のニュースでも
このイベントの模様を放送していただいております。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

『もうひとつのチョコレート展 in なごや』とは

名古屋のまちを「フェアトレードタウン」にしようと活動する
『フェアトレード名古屋ネットワーク(FTNN)』
(代表:原田さとみ 事務局:エシカルペネロープ株式会社)と、

文部科学省「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」の
認定(2013年度)を受け、
名古屋のまちづくりを推進する名古屋学院大学とが協働して、

『もうひとつのチョコレート展 in なごや
~名古屋縦断フェアトレード・チョコレート・ツアー』を
1月9日よりリレー形式で名古屋各地14か所にて開催。

このイベントは、バレンンタインチョコをきっかけに、
市民の方々に、フェアトレードについてもっと関心を持っていただきたい
という目的で今年から始まりました。
[PR]
by milepost | 2015-02-15 12:47 | エシカル&フェアトレード