<   2011年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」に学ぶ

2011年11月26日(土)午後
b0101496_1041415.jpg

熱田生涯学習センターにて、
<なごや学マイスター講座(名古屋学院大学連携講座/全5回)>
「あつた餃子」をB級ご当地グルメに-熱田産業の魅力を発信しよう-
の第4回目が開催されました。

4回目は、B級ご当地グルメ「いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」に学ぶ
-豊川いなり寿司ブランド化の取り組み-と題し、
豊川市観光協会事務局長で、「いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」副隊長の
平賀菜由美さんに講演していただきました。

「豊川いなり寿司」は2010年度B1グランプリにて初出場ながら、
6位入賞を果たしました。愛知県勢として初の快挙でした。

そこで、豊川がどのようなプロセスやマネジメントを経て、
このような成果を生み出すことができたのかを学ぶことが、
今回の講座の目的でした。

「食を通じての豊川のまちおこし」という骨太の方針のもとで
「いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」の設立から、
B1グランプリへの挑戦までのサクセスストーリーを話していただきました。

主な内容は、

1.市主導の推進計画ではだめ

数年で移動のある役人ジェネラリストによる仕事運びや
予算ありきの事業計画では育たないという意味。
ただし市のサポート体制とそのネットワークを活かした活動協力は必要。

トップは事業者でもなく、行政マンでもなく、
飲食関係等の利害関係のない民間がボランタリーで担い、
それを平賀さん率いる観光協会が
仕事プラスアルファで事務局(実質リーダー)として支える形をとっているようです。


2.地産地消にこだわらない

制約が多くなりすぎてビジネス性が育たない。


3.お金(税金)を(できるだけ)かけない

お金をかけて育てるのはよくないという意味。
それをやると、お金がなくなった時点でプロジェクトも消えてしまう。
ただし、事業ミッションから地域ミッションへの発展段階で、
お金をうまく活用するのは必要。


4.パブリシティの活用

骨太方針からぶれない形での話題作り。
そして「メディアがメディアを呼ぶ」現象を起こす。
当初懐疑的だった人たちもこれにより勝ち馬に乗ってきてくれる。
また、マスコミに話題が出ることで
初めてその価値に市民が気づくこともある。


5.「開発メニュー」は育てるのが難しい

B1グランプリは、多数の事業者さんによるビジネス実績があってナンボの世界。
既存の地域食文化を生かすことが大事。
開発型は1、2年程度で消える可能性大。


6.地域愛と成功体験で、事業者・ボランティア等支援者を束ねる

金儲けのための便利屋ボランティアではなく、
対立する事業者さんたちの融和にも配慮して、
「豊川のまちおこし」を目的に、
B1グランプリという目標と成功体験によって組織を束ねる。


7.活動(成功体験)が参加者の地域愛を育てる
(まさにまちづくりの醍醐味であり、目的です)


平賀さんは、数年前に公募で豊川市観光協会事務局長になったそうです。

昨年、日比野商店街と名古屋学院大学との豊川いなり楽市の視察旅行日は、
豊川いなり寿司がB1グランプリで6位入賞を果たした翌日だったため、
多くの観光客がそれを求めて門前商店街に集まっていました。

その光景を見て以来、
豊川がB1グランプリ進出まで、誰がどのようなマネジメントしてここまでもってきたか
不思議に思っていたのですが、
やっぱり平賀さんのようなカリスマリーダーがいたんですね。
特に1と4と6は平賀さんのセンスと実行力の賜物だと感じました。

いなり楽市や観光協会(いなり寿司もりあげ隊)など
しばらくは豊川から目が離せませんね。
[PR]
by milepost | 2011-11-26 20:37 | 熱田まちづくり

白鳥庭園「ファーム・エイド名古屋」初開催

b0101496_1421783.jpg

名古屋市熱田区にある和風庭園「白鳥庭園」では、
2011年11月19日(土)から27日(日)まで観楓会が行われました。

雪吊り縄が、庭園の秋色風景とうまく合っていますね。

その中で今回初めて「ファーム・エイド名古屋」が企画・開催されました。

これは、人と自然とのつながりを大切に、
この地方で無農薬や自然農法などでがんばっている
小規模農園などの生産者を応援するイベントです。

東京・銀座で都市養蜂を実践している「銀座ミツバチプロジェクト」が
2008年より、地方の生産者を応援するイベント「ファーム・エイド銀座」を企画。

今回、白鳥庭園にて初の連携イベント「ファーム・エイド名古屋」として開催されました。

主なコンテンツとして、白鳥マルシェと題した青空市、生産者紹介などのトークセッション、
「ファーム・エイド銀座」出展者らによる「銀座蜜蜂庵」などがありました。
b0101496_1465627.jpg

(オープニングは、岐阜県郡上市「郡上陣屋太鼓」の演舞)

今回のファーム・エイド名古屋の特徴は

(1)「白鳥マルシェ・トークセッション」(20日のみ)
生産者と消費者の顔の見える関係づくりを目標に、
出展生産者紹介のトークセッションを実施。
タレントでエシカルコーディネーターの原田さとみさんの司会のもと、
「白鳥マルシェ」出展生産者の紹介トークを行いました。
b0101496_17233027.jpg

(2)名城大学付属高等学校 生徒開発の「地産地消パン」販売(19,20日)
名城大学附属高等学校総合学科「ビジネスコミュニケーション系列」の生徒30名が
地元の野菜や果物を素材としたオリジナルパンを開発。
白鳥庭園観楓会のみの限定販売をしました。
b0101496_16404767.jpg

店舗前には大行列!
20日は、作った400個のパンが、あっという間に売り切れてしまいました。

詳細は、別ページにてご覧ください。

(3)「銀座蜜蜂庵」(19,20日)
ファーム・エイド銀座からの応援出展。
福島や徳島、愛媛からの特産品を販売しました。
b0101496_1423619.jpg


(4)みつばちトークセッション(20日のみ)
ファーム・エイド・イベント発祥の銀座ミツバチプロジェクトより
田中淳夫氏(NPO法人銀座ミツバチプロジェクト)、
ニホンミツバチ養蜂第一人者の藤原誠太氏(東京農業大学客員教授)を
お招きしてのトークセッションを行いました。
聞き役は、原田さとみさんと私水野が担当しました。
b0101496_1424875.jpg

また、名古屋学院大学みつばちプロジェクトによる
「みつばちクイズ」が実施され、会場を盛り上げてくれました。
b0101496_1431798.jpg

20日日曜日の来園者数は7,000名強だったそうです。
この「ファーム・エイド名古屋」は今後も実施していく予定です。
みなさん、次回をお楽しみに!
b0101496_143173.jpg

[PR]
by milepost | 2011-11-21 14:01 | 名学院大学みつばちプロジェクト

名城大学付属高校「地産地消パン」開発プロジェクト

2011年11月19日より、白鳥庭園にて
第1回目となる「ファーム・エイド名古屋」が開催されました。

これは、人と自然とのつながりを大切に、
この地方で無農薬や自然農法などでがんばっている
小規模農園などの生産者を応援するイベントです。

今回の目玉は、なんと高校生の作るパンでした!

それは、名城大学附属高等学校の生徒開発「地産地消パン」開発プロジェクト

名城大学附属高等学校 総合学科「ビジネスコミュニケーション系列」の生徒30名が
地元の野菜や果物を素材としたオリジナルパンを開発。
白鳥庭園観楓会のみの限定販売をしました。
(協力:名古屋学院大学 平野農園)
b0101496_13584051.jpg

地産地消をテーマに、今年6月ごろからじっくり企画されてきたものを
名古屋学院大学「カフェ&ベーカリーマイルポスト」ベーカリー班が
試作を重ねてきました。
b0101496_13584614.jpg

販売当日は、朝早くからマイルポストでパンを焼き、
それを名城高校の生徒さんたちが袋づめし、材料等の記述のあるラベルシールをはり、
白鳥庭園での「白鳥マルシェ」にて販売しました。
b0101496_13585695.jpg

b0101496_144407.jpg

庭園ステージでは、担当の平山先生と生徒さんに
「地産地消パン」の説明をしていただきました。
b0101496_13592351.jpg

20日日曜日は、店舗前には大行列が!
b0101496_13593729.jpg

b0101496_13594790.jpg

準備したパン400個はあっという間に売り切れました。
平山先生はじめ、高校生の皆さん、そして、パンを焼き続けた
マイルポストスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。

そして、購入してくださったお客様の皆様、ありがとうございました。
[PR]
by milepost | 2011-11-20 18:57 | 熱田まちづくり

名古屋みつばち交流サロン

2011年11月19日(土)午後

名古屋学院大学白鳥学舎にて、
「名古屋みつばち交流サロン」を開催しました。
b0101496_131337.jpg

今回は、本学地域連携センターと
NPO法人銀座ミツバチプロジェクト(世話人:田中淳夫氏)、
そして日本在来種みつばちの会(会長:藤原誠太氏)の共同主催でした。

目的は、名古屋圏にて、趣味養蜂・都市養蜂・養蜂家というさまざまな立場で
ミツバチに関わっている個人・団体が集まって、知識・情報や交流を深めることでした。

大雨にもかかわらず、89名もの参加者にお集まりいただきました。
ありがとうございました。

下は高校2年生から上はかなりの年輩の方までの老若男女、
また、若い世代が少なからずいるのも名古屋の特徴です。

総合司会は私水野が務めさせていただきました。

まずは、主催者のひとり、銀座ミツバチプロジェクト副理事長の
田中淳夫さんのあいさつ
b0101496_1314467.jpg

第1部は、「ニホンミツバチの魅力と養蜂力」と題した
藤原誠太さんの講演。
藤原さんは、養蜂家であり、東京農業大学客員教授を務める
ニホンミツバチ養蜂の第一人者です。
b0101496_1322065.jpg

第2部は、今年度の東海地区高等学校生徒商業研究発表大会にて、
最優秀賞を獲得した愛知県立愛知商業高校の
「なごや・文化のみちミツバチプロジェクト」による発表
b0101496_133536.jpg

全国レベルのプレゼン能力に、会場のみなさんはびっくり。

というのも、プレゼンの二人の生徒さんは、一度もパワポの画面を見ることなく、
一度もかまずに、12分間上手に説明し、また、パワポの技術も非常に高いレベルでした。

発表内容は以下の通り。

『観光まちづくりの視点で、名古屋の近代化の歴史的遺産が数多く残るエリア
「文化のみち」の活性化に貢献する』という研究テーマ。

これまでの調査の中から、
まちなかでの養蜂を通じて生態系向上やハチミツを使った商品開発などで
地域活性化を目指す「都市養蜂」という手法に注目。

これまで「都市養蜂」は「環境まちづくり」を主な目的として各地で実施されてきたが、
この手法を「観光まちづくり」に応用して、
比較的知名度の低い「文化のみち」の活性化に貢献する企画を立案し、
「名古屋・文化のみちミツバチプロジェクト」を立ち上げ、実践と検証を行った。

さらに、この検証結果を受けて、ソーシャルビジネスの視点から、
養蜂を活用した持続可能な「観光まちづくり」を推進するビジネスモデルを提案する。

というものでした。

残念ながら、全国大会では順位のつく5位以内入賞はできなかったそうですが、
来年は全国一位を目指してがんばるそうです。

がんばってください!
b0101496_1334616.jpg

第3部は、「なごや都市養蜂の実践と今後の可能性」と題した
なごやの都市養蜂の各団体の紹介をしました。

コメンテーターには、藤原さん、田中さんに加えて、
名古屋市養蜂組合会長の丹羽新太郎氏に務めていただきました。

(1)2010年に名古屋でCOP10が開催。
この年から、名古屋で始まった都市養蜂の4団体を紹介。
(鹿島建設中部支社/マルハチプロジェクト/ハニカム計画/名古屋学院大学)
b0101496_1344952.jpg

(2)なごや商店街みつばち連携プロジェクト
名古屋学院大学地域連携センターによる名古屋市内の商店街支援事業の紹介。
2011年度の名古屋市商店街連携支援事業の選定を受けて、
名古屋の4商店街と愛知商業高校との「都市養蜂」連携プロジェクトを推進しています。
(日比野商店街/柳原通商店街/桜山商店街/笠寺観音商店街/愛知商業高校)
b0101496_1353589.jpg

(3)中部日本みつばちの会、名古屋市養蜂組合との連携
名古屋の都市養蜂団体は、趣味養蜂のみつばちの会や養蜂組合との連携活動も
活発に行っています。
b0101496_13644.jpg

懇親会は、日比野商店街の中華料理店「亜細亜」で開催
三三ハチ拍子の仕切りはやっぱりこの人が似合います、銀ぱち田中さん
b0101496_1362990.jpg

2次会も日比野商店街のハワイアンカフェ「アクア」で。
ここでは腕相撲大会に。
ロシアで骨太ロシア人を負かしたと豪語する藤原さんに、
学生やアクアのマスターも挑みましたが、
あえなく名古屋チーム全員、藤原さんに完敗しました。^^;
b0101496_1365494.jpg

[PR]
by milepost | 2011-11-19 21:38 | 名学院大学みつばちプロジェクト

あったか!あつた魅力発見市

2011年11月13日(日)午後
b0101496_2232323.jpg

熱田区役所7階講堂にて、
「あったか!あつた魅力発見市」が開催されました。

河村たかし名古屋市長
タレントの矢野きよ実さん
名古屋市立大学名誉教授の瀬口哲夫先生
そして私水野がいっしょに、熱田の魅力再発見について語り合う
トークセッションをくり広げました。

来場者数は、なんと250名! 講堂いっぱいに人が集まりました。
b0101496_22321960.jpg

また、名古屋おもてなし武将隊の皆様にもご出演いただき
今回の討論会を盛り上げていただきました。
b0101496_22325169.jpg

休憩時間には、たくさんの方に名古屋学院大学の展示ブースへ来ていただきました。
巣箱に入った本物の巣枠をみてびっくり!(ハチはいません。空巣です。)
学生スタッフがていねいに質問に対応しました。
b0101496_22315018.jpg

あつた産業再発見マイスターの会が「あつた餃子」を
そして、名古屋学院大学みつばちプロジェクトから「あつた白鳥はちみつ」を
ステージ上の市長さん、矢野さん、瀬口先生に試食していただきました。
b0101496_22323624.jpg

矢野さんは、はちみつが大好きだそうで、この「あつた白鳥はちみつ」を
絶賛していただきました。

また、矢野さんは現在熱田区在住。よく熱田神宮にお参りに行くそうです。
その際に、神宮の落ち葉をお守り代わりに持って帰り、大切にしているそうです。
実際に、控室で見せていただきました。
私も今度やってみようと思っています。
b0101496_22331087.jpg
b0101496_22334347.jpg

15日の毎日新聞の朝刊に記事が掲載され、
本学まちづくりチームの学生武将隊?の写真が載りました。
[PR]
by milepost | 2011-11-13 22:26 | 熱田まちづくり

名古屋かまぼこ「魚又」工場見学

2011年11月5日(土)午前

熱田生涯学習センター講座
「あつた餃子」をB級ご当地グルメに-熱田産業の魅力を発信しよう-
の第2回目は、名古屋かまぼこを生産する株式会社「魚又」さんの
工場見学でした。
b0101496_19514311.jpg

村瀬社長に、練り製品工程の説明をしていただきました。
b0101496_19515448.jpg

名古屋かまぼこの特徴は、なんといっても、かまぼこの外側の朱色部分。
他の地域ではピンクが一般的ですが、名古屋はなぜか朱色!
また、独特の弾力も魅力の一つで、蒸す際の2段加熱により生み出されているそうです。

また、熱田区で「名古屋かまぼこ」を製造されている会社は
魚又さんを含めて4つあるそうです。
b0101496_1952515.jpg

@「かまぼこ」まめ知識 その1 名前の由来は「蒲の穂(がまのほ)」
b0101496_19585195.jpg

かまぼこは、古くは今のちくわ型でした。
その形がガマの穂に似ていることから「蒲の穂」と呼ばれていました。
「蒲の穂」から転じた由来は、「蒲穂子(がまほこ)」と
言われていたものがなまったとする説と、
蒲の穂は「鉾(ほこ)」に似ているため「がまほこ」と呼ばれていたことから、
「かまぼこ」になったとする説があります。

@「かまぼこ」まめ知識 その2 11月15日は「かまぼこの日」

 11月15日といえば、坂本龍馬の誕生日・暗殺日として有名ですが、
この日は「かまぼこの日」でもあります。
平安初期1115年の祝宴の膳を描いた文献に、はじめてかまぼこが登場することから、
この年号にちなんで、11月15日が「かまぼこの日」となりました。

@「かまぼこ」まめ知識 その3 魚以上のヘルシーパワー食品

 かまぼこなどの魚肉練り製品の栄養的特徴は、

①低脂肪で高たんぱく質、
②カルシウムや鉄が豊富に含まれていることです。

これらの特徴は、生魚では得られない健康機能性をもっているといわれています。
こうした機能は、海外からも注目され、ヘルシー食材として脚光を浴びています。


@「かまぼこ」まめ知識 その4 「SURIMI」「KAMABOKO」は世界の共通語
b0101496_19521529.jpg

「SURIMI」などの魚肉練り製品用語は、現在では世界共通語となっています。
それは、1960年代に、日本で冷凍すり身(FROZEN SURIMI)の技術が開発され、
世界各国で練り製品が製造・消費されるようになったからです。

@「かまぼこ」まめ知識 その5 かまぼこ板の役割

 かまぼこが板付きになったのは、安土桃山時代からといわれています。
作るときに形を整えやすい、持ち運びに便利といった理由のほか、
蒸したり冷やしたりするときに、
余分な水分を吸ってくれるので腐敗防止の効果があります。

@「かまぼこ」まめ知識 その6 熱田に食品加工会社が多い理由

魚肉練り製品は、もともと、鮮度の短い魚の売れ残りを、
保存のきく加工品として再商品化したものがその始まりだそうです。

名古屋では、16世紀から昭和初期まで、
熱田・木之免、大瀬子地区に魚市場があっため、
その周辺にかまぼこ工場がたくさんありました。
また、戦後、中央卸売市場本場が現在の熱田区川並町にできたため、
その周辺にも食品加工会社が集まってきました。
[PR]
by milepost | 2011-11-05 19:48 | 熱田まちづくり

愛知県「がんばる市町村職員塾」

2011年11月4日(金)午後

名古屋学院大学白鳥学舎にて、
愛知県商業流通課による
第12回がんばる市町村職員塾が開催されました。
b0101496_9503953.jpg

愛知県商業流通課では、

まちづくりの中心的役割を担う市町村による商店街活性化事業に対して、
その初期段階を支援し、地域活性化の観点から
「にぎわいあふれる魅力ある商店街」の再生を目的とした

「がんばる商店街推進事業」を2006年度から始めました。

この事業の特徴として、

①地域から提案された事業の中からの選抜制(選択と集中)
②市町村の商店街活性化事業への助成(行政の主体的な役割) 
③行政、商店街はもちろん他の連携団体等との関係強化(協議会等の運営)
 
などがあげられます。

つまり、市町村行政がその商店街振興施策を通じて、商店街や関係団体と一緒に、
何かまちづくり・ことおこしをしようとする地域の中から、
審査・選択して、愛知県が応援(補助金・アドバイスなど)するというものです。

商店街側では意識・意欲が向上し、活動が促進されるとともに、
行政側は、自治体の計画に沿った効果的な事業を推進でき、
また職員の意識も高まる効果も得られているようです。

愛知県商業流通課のこの施策は、2002年度「愛知県インターンシップ事業」
(一号店として「マイルポスト」瀬戸店オープン)
以降の成果と課題の中から
生まれた制度だと、私自身は思っています。

この事業では、「マイルポスト」の活躍の裏に、いくつかの課題もありました。
愛知県から商店街へのダイレクトの支援であったため、
瀬戸市との関係があいまいのままになってしまったこと、
関係諸団体との連携協議会等の縛りがなかったことから、
商店街まかせ、大学まかせになってしまったことがありました。

そうした課題を解決した制度になったことで、
2006年度の制度開始より、多くの市町村行政を巻き込み、
商店街のやる気を引き出すことに成功するとともに、

「一店逸品」運動や岡崎発「まちゼミ」、そして
刈谷発の「カリヤンナイト」(はしご酒クーポン制度)の応援・普及など、

愛知県内の多くのやる気のある商店街を活性化させてきました。

私は、制度発足以来、
6年間、がんばる商店街推進事業審査会の委員長を務めさせていただきました。
この制度は、今年度で終了予定ですが、
新しい制度に代わっても、こうした骨格を維持した形で
さらに発展することを期待しています。
b0101496_9504971.jpg

さて、今回は、商店街振興でがんばっている市町村の担当職員の研修会である
「がんばる市町村職員塾」を、
愛知県活性化モデル商店街でもある日比野商店街をメインに、
会場は、連携団体である名古屋学院大学という形で実施しました。

日比野商店街振興組合理事長近藤さんが
商店街の現況と活性化策について説明し、

私水野が、商店街と大学との関係を中心にプチ講演を行いました。
b0101496_9505863.jpg

研修後は、名古屋学院大学キャンパス屋上の「BEE Garden」の見学、
b0101496_951679.jpg

そして、日比野学舎1階のマイルポストの見学も行いました。
その後は、日比野商店街の中華料理店「亜細亜」にて懇親会が行われました。
[PR]
by milepost | 2011-11-04 21:48 | 商店街活性化

今村彩子先生と打ち合わせ(ミニミニ福祉フェスタ)

2011年11月2日(水)午後
b0101496_2282831.jpg

名古屋学院大学「手話」講座の非常勤講師今村彩子先生と
マイルポストの学生とで、来年2月25日(土)開催予定の
「第6回あったかミニミニ福祉フェスタ」の打ち合わせをしました。

今村先生は、聴覚障害をもちながら映像作家として活躍されており、
新聞やテレビなどのメディアでも時々取り上げられています。

たとえば、朝日新聞「聴覚障害のドキュメンタリー映画監督」10.09.02
また、今村先生の公式HPをご覧ください。

今回、あったかミニミニ福祉フェスタにて
今村先生のドキュメンタリー映画の上映会&講演会を開催することになりました。

「被災地のろう者は今~東日本大震災を取材して~」を無料上映、

上映後は、
「私が映画監督を志した理由」&「被災地の取材を通して感じたこと」
についてのトークショーも予定しています。

ところで、今村先生作の話題のドキュメンタリー映画「珈琲とエンピツ」は、
愛知県豊橋市のユナイテッドシネマ豊橋18にて、
12月03日から16日まで上映されているそうです。

コミュニケーションにとって一番大切なこと、
を教えてくれる、とってもいい映画です。
[PR]
by milepost | 2011-11-02 21:33