カテゴリ:熱田まちづくり( 92 )

東海道シンポジウム宮宿大会実行委員会

b0101496_2262699.jpg

熱田神宮創祀1900年を迎え、「東海道シンポジウム」が、
宮宿(熱田)で開催されることになり、

名古屋学院大学も共同主催団体として参画することになるとともに、
実行委員会にもメンバーとして入っています。

開催日は、2013年10月26日(土)で、場所は熱田神宮文化殿の予定です。

東海道シンポジウムとは・・・

NPO法人歴史の道東海道宿駅会議が発起人・世話人となり、
1988年土山宿大会(滋賀県)から始まりました。

東海道の旧宿場町で活動されている方々や地域の方々が集い交流・
そして学びあうイベントとして毎年旧宿場町にて持ち回りで開催されています。

そして、このシンポジウムの第26回大会を
熱田神宮創祀1900年を迎える2013年に、熱田・宮宿へ誘致しました。

今大会は、名古屋を代表する熱田の食の老舗名店
(あつた蓬莱軒・宮きしめん・きよめ餅・亀屋芳弘・妙香園)が中心となり、
大学(名古屋学院大学)・行政(名古屋市・熱田区役所)・NPO(堀川まちネット)など、
多様な地域主体が協力して事業を進めているのが特徴です。

名古屋学院大学では、7月から「名古屋まちなかカフェ講座」にて、
本実行委員の主要メンバーによる「あつた学」講座を開催し、
シンポジウムの盛り上げをはかって来ました。

大会後も本実行委員会メンバーを中心に、熱田のまちづくりを推進していきます。
[PR]
by milepost | 2013-09-20 22:05 | 熱田まちづくり

文部科学省「地(知)の拠点整備事業」(大学COC事業)に採択されました。

2013年8月2日

文部科学省から名古屋学院大学が
「地(知)の拠点整備事業」(大学COC事業)に
採択されたとの連絡を受けました。

地域拠点大学(COC=Center of Community)のモデル校に対して
文部科学省が補助(最大5年間/年間4,500万円程度)を行うこの制度に、
全国の大学から319件の申請があり、そのうち52件が採択されました。

そのうち私立大学は180件の申請のうち15件という非常に狭き門でした。

申請書の執筆を担当したひとりとして、今回本学の取組・提案内容が
高く評価を受けたことを大変光栄に思います。

(本学の採択事業についてはこちらを参照してください。)

この申請書の主なポイントは、

1.自治体からの財政支援・副申
2.実績
3.提案事業
4.カリキュラム改革

でした(あくまで私見です)。

1の自治体からの支援は当初難航が予想されました。
というもの申請書を書く段階では、すでに今年度の予算は確定済みであり、
わずが2か月程度で、自治体からのなんらかの支援を受けるのは、
本来無理な話でした。

多くの私大が採択を受けることが出来なかったのも
たぶんここがネックになったのではないかと思われます。

本学の場合、2007年度の名古屋市との地域連携協定以降、
熱田区役所や名古屋市の商店街・まちづくり関係の部局との
関係づくりがうまくいっており、

急な申し出にもかかわらず、区役所の裁量で動かせる事業のひとつを
名古屋学院大学への新規の委託にしていただけただけでなく、
名古屋市長の副申についてもご尽力していただきました。

また、名古屋市役所からも複数の部局より、
具体的な提案を頂き、最終的に、
名古屋キャンパスに隣接する「名古屋国際会議場」の
一角をお借りして、地域まちづくり拠点とすることになりました。

自治体からの財政支援・副申という高いハードルは
名古屋市・熱田区役所さまからのお力添えにより、
なんとか乗り越えることができました。

そこまでやっていただけたので、
今度は私たち大学側が、実績・提案事業・カリキュラム改革の
3項目について、数多くの申請大学の中から「突き抜ける」ことで
結果を出さなければなりません。

地域連携実績については、

瀬戸・名古屋を通じて10年以上にもわたる
学生運営のまちづくりカフェ「マイルポスト」を拠点とする
商店街活性化活動と
2006年の経済産業省「がんばる商店街77選」での評価、
そして、2010年以降の
名古屋市内4商店街の都市養蜂を活用したソーシャルビジネスを支援する
「なごや商店街みつばち連携プロジェクト」をはじめとする事業の数々。
また、日比野商店街振興組合の組合員数が
本学との商学連携以降、倍近くまで増加したという奇跡のV字回復など
これまでの地域連携実績をアピール。
突き抜けることができました。

提案事業については、
井澤先生のアイデアで、3つのまちづくり
(地域商業・歴史観光・減災福祉)と
QOC(Quality of Community:地域の質)を取り入れることで
これまでの商店街活性化の実績を横展開するとともに、
QOC向上という目標を掲げることで、
突き抜けることができました。

問題は、カリキュラム改革でした。

地域拠点大学のモデル大学である以上、
一部の意欲的な先生だけでなく、
全ての先生・学生が関わるプログラムが求められていました。

当初、PBL型の授業を全学生向けに展開する案も考えましたが、
それは現場が混乱するだけで、いい成果が期待できません。

また本来、カリキュラム改革は、
短期間でのプラン作りやトップダウンでの進め方には、学内の反発が大きく、
軋轢を生んでしまっては、採択後に動かなくなることも予想されます。

そこで、経済学部総合政策学科が行っている
アクティブラーニング・イベントである

全ゼミナール参加型の
NGU学生政策コンペ(1年生対象)」
NGU学生政策フォーラム(3年生対象」を参考に、
全学部で実施する2つの教育イベントを教育改革案として盛り込む形で、

授業計画の変更を伴わなく、かつ、
全ての先生・学生が関わるプログラムを作ることにしました。

ひとつは、すでに全学部で1年生必修となっている
クラス授業「基礎セミナー」を単位とした「まちづくり提案コンペ」

もうひとつは、3年あるいは4年生ゼミナールを単位とした
学部での研究成果を地域に還元する「地域フォーラム」

これにより、教育面においても地域拠点大学にふさわしく、
学年を通して全学生参加型の地域志向型カリキュラムが構築できたと
自負しています。

さらに、3つのまちづくり(地域商業・歴史観光・減災福祉)それぞれを学ぶ
「まちづくり学」とそれを実践する「まちづくり演習」を
共通教育科目に新設し、

それらのカリキュラムと関連する
課外活動(商店街活性化・被災地支援サークルなど)が連携して、
これまで以上にまちづくり活動を広く深く推進していく予定です。
b0101496_1015284.jpg

8月7日には、東京の学術総合センター一橋講堂にて、
採択大学等対象説明会が開催されました。

採択発表直後だっただけに、
出席者の方々は意気揚々と説明会に臨んでいたのが印象的でした。

愛知県からは、本学と中部大学の2校しか採択を受けませんでした。
会場には、中部大学の担当者の教職員の方々も来られていましたので
早速名刺交換。

後日、意見交換・交流の機会を持つことになりました。
[PR]
by milepost | 2013-08-20 20:24 | 熱田まちづくり

スターキャットチャンネル「いっぱいみなよ」

2012年10月24日(水)

名古屋のケーブルTV局スターキャットチャンネルの
「いっぱいみなよ」の取材で、

けーぶるGIRLSの大西敬子さんが、
名古屋学院大学に取材に来られました。

白鳥学舎の屋上のみつばちを一緒見学したり、
b0101496_2214681.jpg

日比野学舎のマイルポストにて、はちみつクリームコッペを
食べたりと、みつばち尽くしでした。
b0101496_222087.jpg

名古屋の街を大西さんが紹介する番組で、今回は熱田区がテーマ。

他には、白鳥庭園さんやハワイアンカフェのアクアさんにも
撮影に行かれたそうです。

放映は、11月1日(土)夜9時からです。
[PR]
by milepost | 2012-10-25 21:47 | 熱田まちづくり

「蝶とみつばちの飛ぶ熱田のまちプロジェクト」キックオフイベント

2012年10月19日(金)午前10時

名古屋学院大学白鳥学舎の隣にある白鳥庭園にて、

「蝶とみつばちの飛ぶ熱田のまちプロジェクト」
キックオフイベントが開催されました。
b0101496_2381659.jpg

b0101496_2383899.jpg

近隣の一番町保育園の年長さん16名と
名古屋学院大学みつばちプロジェクト5名のほか
日比野商店街や白鳥庭園関係者が参加して、

蝶の蜜源・食草となる草花の植え付け会を実施しました。
b0101496_2382796.jpg

b0101496_239729.jpg

2010年、日比野商店街の位置する名古屋市熱田区にてCOP10
(生物多様性条約第10回締約国会議)が開催され、

この10月で2周年となりました。

これを記念して、日比野商店街振興組合では、
白鳥庭園や名古屋学院大学と協力して、

「蝶とみつばちの飛ぶ熱田のまちプロジェクト」を
今月10月より実施することになりました。

名古屋・栄地区では、すでにNPO法人や企業CSRチームなどが
都市養蜂や蝶プロジェクトを実施していますが、
本格的な連携・協力事業は行われていません。

今回、日比野商店街が、
蝶プロジェクトのノウハウを持つ白鳥庭園(岩間造園株式会社)と、
すでに熱田区にて都市養蜂を実践している名古屋学院大学みつばちプロジェクト
をつなぐ形で、共同プロジェクトを提案し、実現することとなりました。

今後は、共同での草花の植え付け会や実地調査・合同イベントの実施などを通じて、
都市部での豊かな自然や生態系を感じることのできるまちづくりを、
連携を取りながら推進していく予定です。

この次は、白鳥庭園で開催される
10月21日(日)COP10開催2周年記念イベントにて
「蝶とみつばちの舞うエシカル庭園」トークセッションを共同実施します。
b0101496_2384986.jpg

b0101496_239024.jpg

なお、このキックオフイベントには、当日お昼のNHKニュースや
翌日の朝日新聞朝刊にて取り扱っていただきました。
[PR]
by milepost | 2012-10-19 22:56 | 熱田まちづくり

ショッパー&NHK名古屋で「あつた餃子」

2012年10月4日(木)この日の中日新聞朝刊と一緒に配布されている
フリーペーパー「ショッパー」名古屋西エリア版の1面に、

あつた餃子の特集記事が掲載されました。
b0101496_146397.jpg

あつた産業再発見マイスターの会代表佐藤さんとマイルポストの学生たちが
肩を組んでの写真は、ちょっとぎこちないですが、微笑ましいですね。
b0101496_1882679.jpg

また、裏の2面には、愛知商業高校の
「なごや 文化のみち ミツバチプロジェクト」と
10月21日開催予定の「名古屋2大庭園・白鳥庭園VS徳川園はちみつ対決」
の記事が掲載されていました。
b0101496_147071.jpg

翌日5日(金)の夕方には
NHK名古屋ほっとイブニング「熱田の魅力再発見の旅」という企画で、
柏原キャスターがマイルポストに来られて、
「あつた餃子」を紹介する映像が放映されました。
b0101496_1471120.jpg

佐藤さんが、あつた餃子に入っている「名古屋かまぼこ」を紹介されている様子

表面が朱色の板かまぼこを「名古屋かまぼこ」と呼びます。

全国には、ピンク色のかまぼこが流通していますが、朱色のかまぼこは
日本広しといえども、名古屋ぐらいです。

ですので、名古屋めしでかまぼこを使用する際は、必ずこの朱色のかまぼこ、
つまり「名古屋かまぼこ」が入っていなければ、名古屋めしとはいえません。

名古屋めしを標榜する、きしめんや味噌煮込みうどんには
必ず、朱色のかまぼこが使用されていますので
みなさん、これらの名古屋めしを食べられる際は、ぜひ確認してみてください。
[PR]
by milepost | 2012-10-05 21:58 | 熱田まちづくり

NHK名古屋「ほっとイブニング」で「熱田ぐるりんサイクル」特集

熱田区は、比較的地面がフラットですので、自転車での移動が簡単です。

そこで、自転車に乗って、熱田の名所旧跡や食文化を楽しんでいただこうと
名古屋市がレンタサイクルの社会実験を始めました。
b0101496_18244612.jpg

自転車の台数:10台

利用料:無料(ただし、アンケートへのご協力をお願いします)

ステーションの場所:スターバックス名鉄神宮前駅店西側

実施期間:2012年9月14日から12月24日の
     金曜日、土曜日、日曜日、祝日、休日(48日間)

実施時間:午前8時30分から午後5時00分(ただし、受付は午後4時30分まで)

ところで、

NHK名古屋「ほっとイブニング」で今年4月から
メインキャスターを務めている柏原愛里アナが、

このレンタサイクルに乗って、熱田を巡るという企画の中で、

マイルポストに「あつた餃子」を食べに来られました。
(2012年9月28日(金)午後)

あつた産業再発見マイスターの会代表の佐藤さんと
NHK柏原アナとの「あつた餃子」談義風景atマイルポスト
b0101496_20183836.jpg

この収録は、10月5日(金)NHK「ほっとイブニング」にて放映される予定です。
[PR]
by milepost | 2012-09-28 18:22 | 熱田まちづくり

蝶とみつばちの飛ぶ熱田のまちプロジェクト

2010年に、名古屋市熱田区の名古屋国際会議場にて
COP10(第10回生物多様性条約締約国会議)が開催されました。

その実践的な試みを地元からということで、

同年に、名古屋学院大学みつばちプロジェクトが発足し、
熱田のまちには、みつばちが元気に飛び回っています。

そして、2012年度からは、日比野商店街が、
「蝶とみつばちの飛ぶ熱田のまちプロジェクト」を立ち上げることになりました。

名古屋学院大学みつばちプロジェクトとしても
協力・応援していきたいと思っています。

2012年9月21日(金)夜
b0101496_17194819.jpg

月一回ペースでマイルポストにて開催している
「日比野商店街活性化会議」に、この蝶プロジェクト仕掛け人の
白鳥庭園の川島所長に来ていただき、
プロジェクトの概要を説明していただきました。

そして、このプロジェクトのキックオフイベントを
10月19日(金)午前10時から

白鳥庭園芝生広場にて開催することになりました。

近隣の一番町保育園児と商店街、みつばちプロジェクトが、
商店街が提供する間伐材プランターに、
蝶の好む花苗の植え付けをする予定です。
[PR]
by milepost | 2012-09-23 17:22 | 熱田まちづくり

白鳥庭園の名古屋まつり「エシカルでいきましょ!」

2012年10月21日(日)に、

名古屋学院大学名古屋キャンパスの南隣の
「白鳥庭園」(名古屋市熱田区熱田西町2-5)にて、

これまた名古屋キャンパス北隣の名古屋国際会議場で2年前に開催された
「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」の
開催2周年記念イベントとして

白鳥庭園の名古屋まつり「エシカルでいきましょ!」

が行われます。
b0101496_956792.jpg
b0101496_9561868.jpg

この午前のメインイベントとして、

10:30-11:00に、

名古屋2大庭園「白鳥庭園VS徳川園」はちみつ対決!

を行います。

この企画は、"ハニカム王子"こと
名古屋学院大学みつばちプロジェクト(主な蜜源が白鳥庭園)と

"ハニーガールズ"こと
愛知県立愛知商業高校「なごや・文化のみちミツバチプロジェクト」
(主な蜜源が徳川園)

が合同で実施するもので、

名古屋を代表する2大庭園である
白鳥庭園と徳川園のはちみつの味比べを通じて、

来園者の方々に
楽しみながら生態系を感じてもらうことが目的です。

前回7月21日の徳川園での対決では、
名古屋学院大学チームが惜敗しましたが、

今回は、マル秘?極上はちみつを準備して、ひそかにリベンジを狙っております。

皆さんお楽しみに!
b0101496_10131452.jpg

(7月21日 徳川園でのはちみつ対決)

また、午後のメインイベントは
「エシカル&フェアトレードファッションショー」です。

これは昨年の模様です。
b0101496_10405697.jpg

なお、このイベントの詳細は、
エシカルなごや推進委員会代表で
タレントの原田さとみさんのブログをご覧ください。
[PR]
by milepost | 2012-09-11 09:49 | 熱田まちづくり

第2回ワクワク☆おやこ夏まつり 大成功!

b0101496_9521347.jpg

2012年8月26日(日)は夏休み最後の日曜日。

昨年に引き続き、この日に名古屋キャンパス日比野学舎にて、
親子で楽しめるイベント「第2回ワクワク☆おやこ夏まつり」が開催されました。

当日は、昨年を200名近く上回る約600名の方にご来場いただき、
会場は大変賑わいました。
b0101496_9522630.jpg

ステージでは、名古屋学院大学ジャグリングサークルによる大道芸や
クラウンとして活躍されているのとっぽさんによるパフォーマンスショーなどで
イベントを盛り上げていただきました。
b0101496_9523660.jpg

b0101496_9525162.jpg

b0101496_953571.jpg

b0101496_9531831.jpg

名古屋学院大学みつばちプロジェクトによる
「あつた白鳥はちみつ」みんなで採蜜!ショーも昼に行われました。

子供たちに遠心分離器を回してもらい、はちみつの試食も!

名古屋国際会議場から白鳥庭園までの「なんじゃもんじゃ通り」には
夏の間、百日紅(サルスベリ)のピンクの花々が咲いています。

その花蜜のたっぷり入った、一番搾りはちみつの味を堪能していただきました。
b0101496_9534633.jpg

イベントに合わせて「あつた餃子」の特別販売も行われ、
この日一番の売り上げメニューだったようです。
b0101496_954421.jpg

b0101496_9544188.jpg

b0101496_954575.jpg

イベント終了後、マイルポストメンバーや
名古屋学院大学地域連携センター職員の方々との記念写真。

多くの方々のご支援、ご協力を得て
無事、成功裏に終えることが出来ました。
b0101496_9551289.jpg

このイベントは、主催団体として、

名古屋学院大学地域連携センター&マイルポストクラブ
熱田区まちづくり協議会
日比野商店街振興組合
スマイルリンク

が名を連ねました。

学生を中心に、大学、行政、商店街、そして市民団体が協力する
連携プロジェクトとして実施されており、

地域まちづくりの理想的な形が実現できたと自負しています。
[PR]
by milepost | 2012-08-26 23:50 | 熱田まちづくり

白鳥庭園「観蓮会」

2012年8月4・5日(土・日)

名古屋学院大学白鳥学舎に隣接している
和風庭園「白鳥庭園」(名古屋市熱田区熱田西町2-5)にて、

観蓮会が開催されました。

浴衣姿の方は入園無料ということで、
多くの浴衣姿の来園者を見かけました。

連日30度を超える真夏日でしたが、両日とも
千人を超える来園者で盛り上がりました。
b0101496_19593763.jpg

名古屋の新ご当地グルメ「あつた餃子」を販売しているのは、
あつた産業再発見マイスターの会の皆さんです。

ピンクのポロシャツがユニフォームです。
b0101496_19594827.jpg

名古屋学院大学マイルポスト・クラブも特別出展。

新1年生のメンバー中心に、スーパーボールすくいで参加しました。
b0101496_200156.jpg

ところで、白鳥庭園内の汐入亭では、

スープあつた餃子をメインとした「白鳥セット」メニューが登場。
白鳥庭園にて、ごはんものが食べられるようになりました。
b0101496_2001427.jpg

また、白鳥庭園を主な蜜源とする
名古屋学院大学みつばちプロジェクトの「あつた白鳥はちみつ」を使った
「はちみつレモン氷」もメニュー化されています。

これらのメニューは白鳥庭園「汐入亭」でしか食べることができません。
b0101496_2002421.jpg

来園時には、ぜひご堪能ください。
[PR]
by milepost | 2012-08-06 19:52 | 熱田まちづくり