カテゴリ:熱田まちづくり( 90 )

あつた宮宿会発足記念イベント キックオフシンポジウム

2014年10月20日(月)18時より、
名古屋学院大学名古屋キャンパス白鳥学舎翼館クラインホールにて、
『あつた宮宿会』によるキックオフシンポジウムを開催し、
関係者含め約150名の方にご来場いただきました。
b0101496_2210959.jpg
 
●基調講演

基調講演では、あつた宮宿会相談役の大原和生氏(熱田神宮 総務部長)
より「熱田雑考(熱田のまちの隆盛)」をテーマにお話をうかがいました。

はじめに、私達が呼んでいる「熱田・宮・白鳥」の由来を、日本書紀や倭
名類聚鈔(わみょうるいじゅしょう)、中世三大紀行文などの歴史の書物
を交えながらご説明いただきました。普段なにげなく呼んでいるこの地名
には多くの歴史があることに参加者は驚きを隠せない様子でした。

ちなみに、倭名類聚鈔には、「厚田(あつた)」と書いてあります。
厚い田んぼは豊かな土地を意味します。この辺りは非常に農耕が盛んで、
いいお米が取れたため、この地名がつき、それがその後「熱田」になった
そうです。

その後は、鎌倉時代、それ以前から熱田のまちがおおいに賑わっていた
歴史を、宿駅の制度や東海道五十三次にふれながらご説明いただき、最後
に、時代は平安時代に遡って、熱田祭りの変遷についてまとめていただき
ました。

●あつた宮宿会各委員発表・大討論

各委員発表では、あつた宮宿会の各部会(歴史文化、未来計画、朝市準備)
の委員長より、宮宿会がどんな活動を計画しているのかを熱く語って
いただきました。

中でも、未来計画の発表では「おもてなし」をキーワードとして、
名古屋国際会議場に訪れた人々を、熱田の伝統文化、水陸両用バス、レンタ
サイクル、織田信長にまつわる施設などでおもてなしをするという未来の計画に、
多くの参加者が「ぜひ実現してほしい」という思いとともに
微笑みをうかべていました。
  
大討論では、「熱田の食の老舗ビッグ5が揃うことの意味」
「あつた宮宿会は熱田神宮にどのような貢献ができるのか」
という2つのテーマについて議論し合いました。

宮商事㈱ 代表取締役社長 安井友康 氏からはあつた宮宿会の特徴である
若さを行動力として活動を推進してほしい、本学経済学部 田中智麻講師からは、
名古屋市の歴史まちづくり戦略のなかで、熱田神宮は核であり、
宮宿会がその観光資源にどのように協力できるかが重要であると
コメントをいただきました。

最後に、私水野より、本学含め、行政や熱田地元の老舗、NPOの繋がりが
できたことで、「熱田ブランド」につながる新しい流れを皆さんと一緒に作って
いきたい旨の発言を持って大討論を締めさせていただきました。

==============================
 ◆発表者 
  ㈱亀屋芳広 常務取締役 花井 芳太朗 氏 (歴史文化委員長)
  ㈲アトリエレーヴ 代表取締役 寺田 正 氏 (未来計画委員長)
  ㈱妙香園 専務取締役 田中 良知 氏 (朝市準備委員長)
 ◆コメンテーター 
  宮商事㈱ 代表取締役社長 安井 友康 氏
  名古屋学院大学 経済学部 田中 智麻 講師
 ◆コーディネーター
  名古屋学院大学 経済学部 水野 晶夫 教授
===============================
b0101496_2211098.jpg

その後は、熱田区おしゃべり大使の古池鱗林氏により、
宮宿の東の外れを流れていた精進川に架けられていた裁断橋にまつわる物語を
テーマに講談いただき、笑いを交えながら熱田の歴史を語っていただきました。
b0101496_22113126.jpg

来場者には、妙香園のほうじ茶ペットボトル・きよめ餅と亀屋芳広の御菓子の
3点セットが提供されました。
b0101496_22114775.jpg

翌日の中日新聞なごや市民版にはこのシンポジウムの模様が
大きく取り上げられました。
b0101496_2212115.jpg

*「あつた宮宿会」とは

2013年10月に開催された「東海道シンポジウム宮宿大会」を
成功させた実行委員会メンバーである、地元の食の老舗
(あつた蓬莱軒・宮きしめん・きよめ餅・亀屋芳広・妙香園)や
大学(名古屋学院大学)、地域NPO(堀川まちネット)を中心に、
熱田を元気にする目的で2014年10月に発足しました。

名古屋市、熱田区役所との連携関係も構築されており、
産官学でのにぎわいまちづくりを今後推進していく予定です。
[PR]
by milepost | 2014-10-20 22:01 | 熱田まちづくり

名古屋まちなかカフェ講座「新あつた学2014」

昨年度に引き続き、「あつた宮宿会」メンバーを中心に、
それぞれの「あつた」を語っていただく「新あつた学」と銘打った連続講座を、
「名古屋まちなかカフェ講座」の特別プログラムとして開講しました。
b0101496_22374369.jpg

「名古屋まちなかカフェ講座」とは、名古屋市熱田区日比野の“まちなか”、
名古屋学院大学名古屋キャンパス日比野学舎内にあって、
まちづくりの視点からさまざまな地域貢献活動をしている
学生が運営する店「カフェ&ベーカリー マイルポスト」の2階で
開催される講座のこと。

マイルポストで淹れたフェアトレード・コーヒーを飲みながら、
気軽に質問できる、受講者の方々と講師の距離が近い教養講座のことです
(事務局:名古屋学院大学地域連携センター)。
b0101496_935138.jpg

第1回は、名古屋市熱田区長の宮木哲也氏に講師をお願いしました。
テーマは、「住みたくなるまち 訪れたいまち あったか熱田」。

区長さんの親しみやすいお人柄が伝わるとても和やかな雰囲気のなか、
講座が進行。歴史、防災、観光などさまざまな視点からの話題提供があり、
熱田のまちづくりについて理解が深まりました。
b0101496_9352632.jpg

2回目講師は、NPO法人堀川まちネット代表の川口正秀氏。

千年近く続いて消えた熱田の大山の引き回しと、
形を変えて継続発展し重要無形民俗文化財にも指定されている
博多祇園山笠との比較研究はとても興味深かったです。
b0101496_9354022.jpg

3回目講師は熱田の食の老舗の30代3名、
きよめ餅新谷滋規氏、妙香園田中良知君、亀屋芳広花井芳太郎氏。

今後のあつた宮宿会への想いをそれぞれ
「つながり」「浜市」「和」というキーワードで力強く語りました。
b0101496_9355347.jpg

4回目講師は、「ひつまぶし」で有名なあつた蓬莱軒社長で
「あつた宮宿会」会長の鈴木淑久氏。

うなぎの話を「割り・刺し・焼き」から備長炭 の話まで。
業界裏話を時折混ぜながら、終始和やかな雰囲気での講演となりました。

@「あつた宮宿会」とは
 2013年10月に実施した「東海道シンポジウム宮宿大会」
(宿駅制度にゆかりの地域を毎年持ち回りで開催)を成功させた経緯を踏まえ、
地元の食の老舗や名古屋学院大学、NPOなどの参加メンバーを中心に、
熱田のにぎわいまちづくりの推進を目的に発足しました。
[PR]
by milepost | 2014-09-05 22:36 | 熱田まちづくり

セグウェイ観光ツアーの動画ができました

セグウェイ観光ツアー動画ができました。

2013年11月24日(日)に実施した名古屋国際会議場を中心とした
セグウェイ観光ツアーの動画が完成しました。

ツアーの実施は、経済学部「プロジェクト演習」の
熱田観光まちづくりチームが担当し、

その撮影・編集を、商学部山口ゼミの先生と学生さんたちが担当してくれました。

YouTubeの名古屋学院大学チャンネルにアップロードされていますので、
ご笑覧ください。

なお、来年度も引き続き、セグウェイ観光ツアーを実施していく予定です。
b0101496_22415856.jpg

[PR]
by milepost | 2014-01-28 21:56 | 熱田まちづくり

テレビ愛知「名古屋しゃちほこ学園」

2013年11月14日(木)
b0101496_1025642.jpg

この日、放映された、名古屋市の広報番組
テレビ愛知「名古屋しゃちほこ学園」(20:54-21:00)で
あつたの歴史資源が紹介され

私水野も11月23日(祝・土)、24日(日)に熱田各地で開催される
「あったか!あつた魅力発見市2013」を紹介させていただきました。

来週も登場して、白鳥庭園やあつた餃子などを紹介する予定です。

次回、放映日時は以下の通りです。

11月21日(木)21:48~21:54
(この日は通常の時間帯より1時間遅れて放映予定だそうです) 
再放送11月22日(金)17:20~17:25
[PR]
by milepost | 2013-11-14 23:17 | 熱田まちづくり

あつた蓬莱軒で宮宿大会反省会

2013年11月5日(火)夜

この日、あつた蓬莱軒本店にて、先月26日に開催した
東海道シンポジウム宮宿大会の反省会を行いました。
b0101496_16444128.jpg

草薙実行委員長のあいさつのあと、
熱田神宮総務課長大原さまの乾杯の音頭でスタートしました。

実行委員長の草薙さんとNPO法人堀川まちネット川口さんの
ご尽力により、熱田の老舗名店の方々
(宮きしめん・あつた蓬莱軒・きよめ餅・亀屋芳広・妙香園)
が参画され、

そこに名古屋学院大学や行政(名古屋市・熱田区役所)
そして地域の方々がつながる形で
実行委員会の輪が広がっていきました。

今後ですが、まずは11月23日(土)24日(日)に開催予定の
「あったかあつた魅力発見市2013」をやりきって、

その後、これらの老舗の若手衆を中心に
新しいプロジェクトが立ち上がることを期待しています。
b0101496_16445591.jpg

宮きしめんとあつた蓬莱軒のコラボメニューが登場!
きしめんの上にひつまぶしのかば焼きが乗っていました。

蓬莱軒鈴木社長の粋な計らいですね。この日限定メニューだそうです。
[PR]
by milepost | 2013-11-05 16:24 | 熱田まちづくり

広報なごや平成25年11月号

b0101496_10261325.jpg

2013年10月1日(火)

この日の午後に、白鳥庭園清羽亭にて
広報なごや11月号表紙に掲載予定の

河村市長と名古屋を代表する熱田の食の老舗名店
(宮きしめん・あつた蓬莱軒・きよめ餅・亀屋芳広・妙香園)の
社長・若手衆の方々との座談会が開催されました。

私もコーディネーター役として参加させていただきました。

これらの老舗の方々とは、
東海道シンポジウム宮宿大会実行委員会を通じて
付き合いが始まりましたが、

熱田のまちづくりへの情熱はもちろんですが
危機意識も強く持っておられることを感じました。

10月26日(土)の宮宿大会だけで終わることなく、
11月23日(土)24日(日)に熱田区内各所で開催される
「あったかあつた魅力発見市2013」の実行委員会にも参画されています。

河村市長も、こうした熱田の動きに期待されているようです。
b0101496_10263285.jpg

広報なごや11月号はこちらのPDFファイルで読むことができます。
広報なごや11月号(PDFファイル版)

ちなみに、広報なごやでは老舗の方々の会話文も市長同様に
コテコテの名古屋弁になっていますが、
現場では、ていねいな標準語で話されていました。(^^;
[PR]
by milepost | 2013-11-03 10:07 | 熱田まちづくり

第26回東海道シンポジウム宮宿大会

平成25年(2013年)は熱田神宮創祀1900年。

この記念すべき年に第26回東海道シンポジウム宮宿大会を
10月26日(土)に、熱田神宮文化殿にて開催しました。

東海道シンポジウムは、NPO法人歴史の道東海道宿駅会議が発起人・世話人となり、
1988年の土山宿大会から始まり、
これまで25の旧宿場町にて持ち回りで開催してきました。

このシンポジウムは、東海道の旧宿場町で活動されている方々や
開催地域の人々が集い、交流・学びあいの場として位置づけられてきました。

そこで、本宮宿大会では、
名古屋・熱田に受け継がれてきた伝統芸能を紹介するとともに、
「街道まちづくり」をテーマに、その可能性や課題についての
パネルディスカッションも行いました。
b0101496_21465330.jpg

各宿場町で活動されている方々や、
広報なごやを通じて応募のあった市民など200名以上の方々で会場は満員でした。
b0101496_21472668.jpg

名古屋おもてなし武将隊や講談師の古池鱗林さんに、会場を盛り上げていただきました。
b0101496_21473750.jpg

宿駅旗の伝達式では、
宮宿実行委員長の草薙氏から次回開催予定の藤沢宿の方に旗が渡されました。
b0101496_21474385.jpg

この宮宿大会実行委員会には、
名古屋を代表する熱田の食の老舗名店(宮きしめん・あつた蓬莱軒・
きよめ餅・亀屋芳広・妙香園)の社長・若手衆を中心に、

熱田神宮、大学(名古屋学院大学)、行政(名古屋市・熱田区役所)、
NPO(堀川まちネット)などが趣旨に賛同して集まりました。

多様な主体が手を結び、協力しあって事業を進める
画期的な地域プラットフォームが構築できたと自負しております。
b0101496_2149217.jpg

今後は、これを機に、地域の資源を生かした観光・商業の発展など、
にぎわいを創出できる事業を、この熱田・宮宿界隈にて展開していく所存です。
(実行委員会設立趣意書より)
b0101496_8532242.jpg

このシンポジウムの模様は、翌日の読売新聞に記事として掲載されました。
[PR]
by milepost | 2013-10-26 21:43 | 熱田まちづくり

あつた学(名古屋まちなかカフェ講座)

2013年7月19日(金)

この日から、名古屋学院大学まちなかカフェ講座では、
東海道シンポジウム宮宿大会プレ講座として、
宮宿大会実行委員会主要メンバーの方々による、
それぞれの「あつた」を語っていただく「あつた学」と銘打った
講座を4回シリーズで開催しました。
b0101496_1362432.jpg

トップバッターは、実行委員会委員長であり、
武芸日本秀堂流真気合宗家の草薙典龍氏と
実行委員会事務局を担当している
NPO法人堀川まちネット代表の川口正秀氏。

草薙氏には、熱田の歴史を得意の詩吟とともに語っていただきました。
また、川口さんは、宮の渡しや旧東海道をどのように、
今風に復活させるかのアイデアを具体的に示してくれました。 
b0101496_1363092.jpg
b0101496_136372.jpg

2回目は、熱田神宮総務課長の大原和生氏。
熱田神宮の歴史はもちろん、熱田の歴史・文化についても
わかりやすく解説していただきました。
b0101496_23225722.jpg

3回目は、宮きしめんで有名な宮商事株式会社社長の安井友康氏。
きしめんの歴史から、熱田の観光まちづくりまで、熱弁していただきました。
b0101496_23232275.jpg

そして、4回目最後は、ひつまぶしのあつた蓬莱軒の
鈴木淑久氏に担当していただきました。
あつた蓬莱軒の歴史やひとまぶし誕生の由来などの話題のほかに、
国内産と中国産のうなぎの質や価格の違いについて、
業界紙のデータをもとに、わかりやすく解説していただきました。
b0101496_23234036.jpg

[PR]
by milepost | 2013-09-30 13:05 | 熱田まちづくり

東海道シンポジウム宮宿大会実行委員会

b0101496_2262699.jpg

熱田神宮創祀1900年を迎え、「東海道シンポジウム」が、
宮宿(熱田)で開催されることになり、

名古屋学院大学も共同主催団体として参画することになるとともに、
実行委員会にもメンバーとして入っています。

開催日は、2013年10月26日(土)で、場所は熱田神宮文化殿の予定です。

東海道シンポジウムとは・・・

NPO法人歴史の道東海道宿駅会議が発起人・世話人となり、
1988年土山宿大会(滋賀県)から始まりました。

東海道の旧宿場町で活動されている方々や地域の方々が集い交流・
そして学びあうイベントとして毎年旧宿場町にて持ち回りで開催されています。

そして、このシンポジウムの第26回大会を
熱田神宮創祀1900年を迎える2013年に、熱田・宮宿へ誘致しました。

今大会は、名古屋を代表する熱田の食の老舗名店
(あつた蓬莱軒・宮きしめん・きよめ餅・亀屋芳弘・妙香園)が中心となり、
大学(名古屋学院大学)・行政(名古屋市・熱田区役所)・NPO(堀川まちネット)など、
多様な地域主体が協力して事業を進めているのが特徴です。

名古屋学院大学では、7月から「名古屋まちなかカフェ講座」にて、
本実行委員の主要メンバーによる「あつた学」講座を開催し、
シンポジウムの盛り上げをはかって来ました。

大会後も本実行委員会メンバーを中心に、熱田のまちづくりを推進していきます。
[PR]
by milepost | 2013-09-20 22:05 | 熱田まちづくり

文部科学省「地(知)の拠点整備事業」(大学COC事業)に採択されました。

2013年8月2日

文部科学省から名古屋学院大学が
「地(知)の拠点整備事業」(大学COC事業)に
採択されたとの連絡を受けました。

地域拠点大学(COC=Center of Community)のモデル校に対して
文部科学省が補助(最大5年間/年間4,500万円程度)を行うこの制度に、
全国の大学から319件の申請があり、そのうち52件が採択されました。

そのうち私立大学は180件の申請のうち15件という非常に狭き門でした。

申請書の執筆を担当したひとりとして、今回本学の取組・提案内容が
高く評価を受けたことを大変光栄に思います。

(本学の採択事業についてはこちらを参照してください。)

この申請書の主なポイントは、

1.自治体からの財政支援・副申
2.実績
3.提案事業
4.カリキュラム改革

でした(あくまで私見です)。

1の自治体からの支援は当初難航が予想されました。
というもの申請書を書く段階では、すでに今年度の予算は確定済みであり、
わずが2か月程度で、自治体からのなんらかの支援を受けるのは、
本来無理な話でした。

多くの私大が採択を受けることが出来なかったのも
たぶんここがネックになったのではないかと思われます。

本学の場合、2007年度の名古屋市との地域連携協定以降、
熱田区役所や名古屋市の商店街・まちづくり関係の部局との
関係づくりがうまくいっており、

急な申し出にもかかわらず、区役所の裁量で動かせる事業のひとつを
名古屋学院大学への新規の委託にしていただけただけでなく、
名古屋市長の副申についてもご尽力していただきました。

また、名古屋市役所からも複数の部局より、
具体的な提案を頂き、最終的に、
名古屋キャンパスに隣接する「名古屋国際会議場」の
一角をお借りして、地域まちづくり拠点とすることになりました。

自治体からの財政支援・副申という高いハードルは
名古屋市・熱田区役所さまからのお力添えにより、
なんとか乗り越えることができました。

そこまでやっていただけたので、
今度は私たち大学側が、実績・提案事業・カリキュラム改革の
3項目について、数多くの申請大学の中から「突き抜ける」ことで
結果を出さなければなりません。

地域連携実績については、

瀬戸・名古屋を通じて10年以上にもわたる
学生運営のまちづくりカフェ「マイルポスト」を拠点とする
商店街活性化活動と
2006年の経済産業省「がんばる商店街77選」での評価、
そして、2010年以降の
名古屋市内4商店街の都市養蜂を活用したソーシャルビジネスを支援する
「なごや商店街みつばち連携プロジェクト」をはじめとする事業の数々。
また、日比野商店街振興組合の組合員数が
本学との商学連携以降、倍近くまで増加したという奇跡のV字回復など
これまでの地域連携実績をアピール。
突き抜けることができました。

提案事業については、
井澤先生のアイデアで、3つのまちづくり
(地域商業・歴史観光・減災福祉)と
QOC(Quality of Community:地域の質)を取り入れることで
これまでの商店街活性化の実績を横展開するとともに、
QOC向上という目標を掲げることで、
突き抜けることができました。

問題は、カリキュラム改革でした。

地域拠点大学のモデル大学である以上、
一部の意欲的な先生だけでなく、
全ての先生・学生が関わるプログラムが求められていました。

当初、PBL型の授業を全学生向けに展開する案も考えましたが、
それは現場が混乱するだけで、いい成果が期待できません。

また本来、カリキュラム改革は、
短期間でのプラン作りやトップダウンでの進め方には、学内の反発が大きく、
軋轢を生んでしまっては、採択後に動かなくなることも予想されます。

そこで、経済学部総合政策学科が行っている
アクティブラーニング・イベントである

全ゼミナール参加型の
NGU学生政策コンペ(1年生対象)」
NGU学生政策フォーラム(3年生対象」を参考に、
全学部で実施する2つの教育イベントを教育改革案として盛り込む形で、

授業計画の変更を伴わなく、かつ、
全ての先生・学生が関わるプログラムを作ることにしました。

ひとつは、すでに全学部で1年生必修となっている
クラス授業「基礎セミナー」を単位とした「まちづくり提案コンペ」

もうひとつは、3年あるいは4年生ゼミナールを単位とした
学部での研究成果を地域に還元する「地域フォーラム」

これにより、教育面においても地域拠点大学にふさわしく、
学年を通して全学生参加型の地域志向型カリキュラムが構築できたと
自負しています。

さらに、3つのまちづくり(地域商業・歴史観光・減災福祉)それぞれを学ぶ
「まちづくり学」とそれを実践する「まちづくり演習」を
共通教育科目に新設し、

それらのカリキュラムと関連する
課外活動(商店街活性化・被災地支援サークルなど)が連携して、
これまで以上にまちづくり活動を広く深く推進していく予定です。
b0101496_1015284.jpg

8月7日には、東京の学術総合センター一橋講堂にて、
採択大学等対象説明会が開催されました。

採択発表直後だっただけに、
出席者の方々は意気揚々と説明会に臨んでいたのが印象的でした。

愛知県からは、本学と中部大学の2校しか採択を受けませんでした。
会場には、中部大学の担当者の教職員の方々も来られていましたので
早速名刺交換。

後日、意見交換・交流の機会を持つことになりました。
[PR]
by milepost | 2013-08-20 20:24 | 熱田まちづくり