あつた宮宿まちづくりフォーラム2018

2018年2月10日(土)
b0101496_16133588.jpg

この日、名古屋学院大学クラインホールにて
「あつた宮宿まちづくりフォーラム2018」が開催されました。

オープニングは、堀川太鼓さまに盛り上げていただきました。
b0101496_16131571.jpg

熱田まちづくりビジョンの討論会という難しいテーマでしたが、
150名もの来場者に恵まれ、盛況に終えることができました。
b0101496_16135269.jpg

基調講演では、京都大学山村亜希先生に、
『名古屋・熱田の地理学的評価―NHK「ブラタモリ」を振り返って』という
タイトルで話していただきました。
b0101496_1614898.jpg

1610年に徳川家康が、名古屋のまちを作ったあと、
名古屋のまちへの物流拠点としての役割を担うことになった熱田のまちが、
埋め立てによって拡大・発展していたことなど、
わかりやすく解説していただきました。
b0101496_16144946.jpg

また、今の都市計画図から、等高線を抽出して微地形を確認すると、
近隣の断夫山古墳、白鳥古墳と同様に、
熱田神宮境内からも幻の古墳が浮き出てくるとの興味深い仮説を
示していただきました。

「地」の「理(ことわり)」)を知る

ことで、熱田の歴史・まちがますます好きになりました!
b0101496_16172171.jpg

基調講演のあとは、あつた宮宿会メンバー加藤剛嗣さんによる
『あつた宮宿まちづくり構想』の発表でした。

伊勢の「おはらい町」のような門前町を目指そうとしている
「熱田神宮駅前地区」と

NHKブラタモリで改めて注目を集め、その歴史的重要性が再認識されつつある
「宮の渡し地区」のにぎわいまちづくりを実現させるためのビジョンを、
「あつたびと」のアイデンティティに訴える形でプレゼンしました。

中休み後は、熱田区おしゃべり大使の講談師・旭堂鱗林さんによるミニ講談。
b0101496_16151115.jpg

軽妙な語り口で、会場はドッカンドッカンの爆笑の渦!

最後は、私水野がコーディネーターを務めるパネルディスカッションを実施。
パネリストには、引き続き、山村先生、加藤さんに登壇していただき、

地域からは、「熱田神宮駅前地区」と「宮の渡し地区」を含む
白鳥学区の連絡協議会副委員長の村瀬利男さま、
b0101496_16161464.jpg

そして、行政からは、名古屋市観光文化交流局ナゴヤ魅力向上室主査の
西川修平さまに加わっていただき、

両地区のまちづくり構想の評価と今後のまちづくりの方向性について
意見を伺い、とても有意義なフォーラムとなりました。

この成果を両地区の今後のまちづくりにつなげていきたいと思っています。
b0101496_16153721.jpg

[PR]
# by milepost | 2018-02-10 20:38 | 熱田まちづくり

あつた朔日市(2018年2月1日)

2018年2月1日(木)

今年も「あつた朔日市」が始まりました。
b0101496_15173813.jpg

今回私の担当するCOCプロジェクトでは、
学生が南蛮甲冑を纏って信長役を担当し、
「信長攻路」PR活動を行いました。

この南蛮甲冑を作ってくださったのが、
清洲城おもてなし城代柴田勝家公!
b0101496_15182233.jpg

今日は学生信長の「初陣」のために、応援に駆け付けて来てくれました!
b0101496_1519251.jpg

また、信長の大好物であったといわれている「金平糖」を、
「信長攻路」PRグッズとして、「あつた芸能広場」にて

紙芝居などを見ていただいたお客様に無料配布しました。
b0101496_1531258.jpg

この金平糖は、あつた宮宿会メンバーの「渡月園」さまに作っていただきました。
[PR]
# by milepost | 2018-02-01 20:19 | 熱田まちづくり

もうひとつのチョコレート展inなごや2018

2018年も、バレンタインデイに向けて、
名古屋にて、『もうひとつのチョコレート展inなごや』とともに、
フェアトレードチョコの販売活動が始まりました。

この企画も今年で4回目。

名古屋学院大学のほかにも、いくつかの大学が参加するようになりました。

さて、今年のオープニングイベントとして、
1月15日(月)昼休みに、名古屋学院大学名古屋キャンパスにて、
フェアトレード名古屋ネットワーク代表の原田さとみさんをお迎えして、

『チョコっと国際貢献!フェアトレードトークショー&チョコ試食会』を
実施しました。
b0101496_17101757.jpg

b0101496_17104982.jpg

今回も、唐辛子やしょうが入りのチョコ味を当てる
味当てゲームを開催しました。
b0101496_1711468.jpg
b0101496_17112040.jpg
b0101496_17114493.jpg

b0101496_17175437.jpg

フェアトレードチョコは、
今年も日比野学舎1階マイルポストにて販売しています!
b0101496_17122415.jpg

[PR]
# by milepost | 2018-01-15 17:03 | エシカル&フェアトレード

熱田神宮駅前地区まちづくり協議会設立へ

2017年は、熱田のまちづくりが新たに動いた1年でした。

2017年1月3日の中日新聞朝刊に、
名鉄神宮前駅の再開発の記事が掲載されました。
b0101496_20403588.jpg

2015年度より、名古屋市地域まちづくり助成の選定を受け、
熱田のまちビジョンづくりに取り組んできたあつた宮宿会では、

この記事を受けて、
早急に、この動きを踏まえたビジョンづくりに取り組みました。

そして、
2017年2月20日夕方に名古屋学院大学白鳥学舎にて開催された
「あつた宮宿まちづくりビジョン」報告会では、
b0101496_2044841.jpg

「熱田神宮駅前地区」および「宮の渡し・大瀬子地区」の両地区を
重点エリアと位置付け、
b0101496_21113129.jpg

伊勢神宮の門前町である「おはらい町」に負けない門前町を
熱田で実現できるように、

そして、地権者だけでなく、
熱田らしく、老舗衆をコアとした地元商業者が中心となりながらも
地元大学や行政、町内会、商店街といった、
全員体制でのまちづくりを推進する
「まちづくり協議会」設立を提言しました。
b0101496_2044412.jpg

この報告会には、あつた宮宿会メンバーはもちろん、
名古屋市会議員や名古屋市役所・熱田区役所関係部局、
熱田区の区政協力委員の方々にも陪席していただきました。

また、まちづくりに関心のある名古屋学院大学の学生たちも議論に参加して、
みんなで熱田の将来について語り合いました。

その後開催された、名古屋市会本会議でも、この件が話題となり、
その答弁の模様は、新聞記事にも反映されました。
b0101496_20514177.jpg

b0101496_20515246.jpg

名古屋市まちづくり企画課のサポートを得て、

9月15日には、「熱田神宮駅前地区まちづくり協議会設立準備会」を発足させ、
b0101496_20574048.jpg

b0101496_20583726.jpg

12月下旬には3日間にわたって、
地域に向けての協議会設立説明会を開催しました。
b0101496_20112192.jpg

b0101496_201140100.jpg

来年2018年4月には、まちづくり協議会が発足する予定です。

他方、宮の渡し・大瀬子地区については、
あつた宮宿会内にて、特別にタスクフォースを発足させ、
ビジョンづくりを行ってきました。

2017年12月14日には、白鳥コミュニティセンターにて、
地元白鳥学区の区政協力委員の方々と意見交換し、
そのビジョン案をブラッシュアップさせました。
b0101496_2174139.jpg

たとえば、宮の渡し公園関連でいうと、

公園に一般駐車場がない、
公園と町とをつなぐ横断歩道がないこと、

また、近くの熱田神宮とのアクセスが悪い(案内表示が少ない・わかりにくい)、
公共交通機関からのアクセスが悪いなど、の問題があり、

これまでも地元から再三改善要請が出ているにも関わらず、
全体ビジョンがないまま、個別での要請になってしまっているため、

行政から、事業性がない、採算性が合わない、利用者が少ないなどの理由から
実現に至っていないのが現状です。

そこで、この宮の渡し公園を中心としたまちづくりビジョンを示すことで、

それぞれの個別事業に関連性を持たせ、
事業性・採算性などの問題をクリアしたいと思ってます。

期せずして、
NHKの人気番組「ブラタモリ」で今年6月17日に放映された
名古屋・熱田編では、

名古屋の発展にとって
この地域がいかに重要な役割を果してきたかを
再認識させてくれました。

そこで、Park-PFI制度を活用することで、
有数な地元の歴史資源を生かしたまちづくりを実現し、
地元の誇りに輝きを取り戻すことができればと考えています。


これら2つのまちづくりの動きについては、

来年2018年2月10日(土)午後2時から
名古屋学院大学白鳥学舎クラインホールにて開催される

「あつた宮宿まちづくりフォーラム2018」にて報告・議論される予定です。
(入場無料・申込不要)

そして、基調講演者は、前述のブラタモリにご出演された
京都大学准教授の山村亜希先生です。
b0101496_2193628.jpg

[PR]
# by milepost | 2017-12-31 19:27 | 熱田まちづくり

名古屋初のセグウェイ公道走行実験に向けて

b0101496_1751418.jpg

セグウェイの公道走行実験を日本で行うためには、

①行政との連携による協議会設立、
②所轄の警察からの許可、
③セグウェイを小型特殊自動車として登録など、

さまざまなハードルがあるのですが、

名古屋市観光文化交流局さまや
本学社会連携センターの多大なるご尽力を得て、

①は今年10月にクリア、
②③は来年の早い段階でのめどがついてきました。

今年の11月からは、
名古屋国際会議場にて関係者向けの走行実験を行っています。

来年には、セグウェイの持っているアトラクション的な魅力や
コミュニケーション力、そして名古屋の幅広の歩道を活かした、
まちなか観光の新しい楽しみ方を提案できればと思ってます!
b0101496_17514670.jpg

b0101496_17522334.jpg

[PR]
# by milepost | 2017-12-27 17:40 | NGUセグウェイ観光プロジェクト

あつた朔日市(2017年12月1日)

2017年12月1日(金)

熱田神宮境内参道にて今年最後の「あつた朔日市」が開催されました。
平日にもかかわらず、たくさんの参拝者の方々が来られていました。
b0101496_1733820.jpg

b0101496_1735084.jpg

b0101496_174474.jpg

b0101496_174178.jpg

[PR]
# by milepost | 2017-12-01 17:01 | 熱田まちづくり

はちみつ味比べ対決!(あったか!あつた魅力発見市2017)

2017年11月26日(日)

熱田区内各所を会場とした「あったか!あつた魅力発見市2017」が
開催されました。

イベントの要所をつなぐ臨時シャトルバスや
堀川を渡る船便(水上交通)などを利用して、

5つのマルシェや特別公開された寺院を巡り、
熱田の魅力を体験していただくイベントでした。

当日は穏やかな日で、のべ5万人を超える多くの方々が区内を散策して、
秋の一日を満喫されました。

マルシェのひとつ、白鳥庭園では、

恒例となっている

名古屋学院大学×白鳥庭園VS愛知商業高校×徳川園 

はちみつ味比べ対決が行われました。
b0101496_16242256.jpg

b0101496_16244224.jpg

b0101496_1625425.jpg

本来、10月のエシカルイベントで行うはずだったのですが、
台風の影響で中止となってしまったので、

1か月遅れでの対決イベントとなりました。
b0101496_16251891.jpg

残念ながら、今回、名古屋学院大学は13対17で負けてしまいましたが、
来園者には楽しんでいただけたと思います。
b0101496_23445679.jpg

b0101496_16255714.jpg

b0101496_16261673.jpg

b0101496_16263342.jpg

このほかにも、浮き灯篭ワークショップ運営にも関わり、
夜のライトアップには、新たなコンテンツとして
貢献させていただきました。
b0101496_16271187.jpg

b0101496_1626484.jpg

[PR]
# by milepost | 2017-11-26 16:05 | 名学院大学みつばちプロジェクト

ミツバチサミット2017

2017年11月11、12日

b0101496_15250740.jpg

















業界の枠を超えたミツバチ・はちみつ関係の
日本初のフォーラム「ミツバチサミット」が筑波大学で
開催されました。

b0101496_15250261.jpg

















私は、1日目メイン会場午後の部「全国学生養蜂サミット」の
オーガナイザー&司会進行役を務めました。

b0101496_15243821.jpg

















全国から高校・大学11校が集結。
活動成果の発表や活動を通じての「気づき・学び」、
そして、養蜂の将来・夢を語り合いました!

b0101496_15245555.jpg

















b0101496_15244534.jpg


















b0101496_15312212.jpg
















初日の来場者は900名を超えていたそうです。
大人数の中で、学生たちは緊張気味でしたが、
しっかり大役を務めていました。


参加学校名(高校6校 大学5校)

岡山県立高松農業高等学校

市立札幌大通高等学校

愛知県立愛知商業高等学校

富山県立富山商業高等学校

広島県立世羅高等学校

広島県立油木高等学校

北九州市立大学

京都学園大学

京都産業大学

名古屋学院大学

近畿大学


b0101496_15242599.jpg

















b0101496_15241674.jpg
















[PR]
# by milepost | 2017-11-12 15:47 | 名学院大学みつばちプロジェクト

蝶とみつばちの飛ぶ熱田のまちプロジェクト2017

2017年11月9日(木)午前中に、

b0101496_14341855.jpg



















白鳥庭園の芝生広場で
「蝶とみつばちの飛ぶ熱田のまちプロジェクト」を開催しました。

b0101496_14342301.jpg















本イベントでは毎年、この時期に、
寒い期間の蝶とみつばちの蜜源・食草となるプランター作りを行っており、
今回は、本学学生25名、名古屋市立野立小学校3年生の児童50名のほかに、

日比野商店街関係者や
白鳥庭園ガイドボランティアの方にも参加していただき、
プランターに草花
(パンジー、ビオラ、ウィンターコスモス、アリッサム等)を
植えました。

b0101496_14342714.jpg


[PR]
# by milepost | 2017-11-09 14:32 | 名学院大学みつばちプロジェクト

あつた朔日市(2017年11月1日)

2017年11月1日の「あつた朔日市」は、
秋葉山圓通寺にて開催されました。

b0101496_22440780.jpg

開始前には、名古屋学院大学日比野学舎にて、
私は「やっとかめ文化祭」講座の講師を担当、
「あつた朔日市」に関連した話題を提供させていただきました。

b0101496_22441150.jpg
b0101496_22441625.jpg
b0101496_22442445.jpg
注目の2017年11月のあつた宮餅月替わりバージョンは「亥の子餅」

「亥の子餅」とは、
亥の月亥の日亥の刻にお餅を食べると病気をしない、
という昔からあるお菓子です。

餅は小豆で色付けしてゴマを練り込んであり、
餡子は胡桃と味噌を使って香ばしく仕上げてありました。

b0101496_14414442.jpg

b0101496_1643983.jpg

[PR]
# by milepost | 2017-11-01 21:50 | 熱田まちづくり