第1回「あつた朔日市」開催しました!

2015年10月1日(木)
b0101496_2055316.jpg

この日、記念すべき第1回「あつた朔日市」が
熱田神宮境内参道にて開催されました。

この「あつた朔日市」は、
名古屋の方々にもっと「朔日参り」の風習を知っていただき、

町衆が「朔日市」にょって、
参拝者の方々をおもてなししようという目的で開催されました。

あいにくの雨でしたが、予想以上の人出で、
当日は5千名を超える参拝者があったそうです。

次回の「あつた朔日市」は来年3月1日です。
そして、今後定期市にできるよう検討していきたいと思っています。

さて、注目の「あつた宮餅」は、整理券配布前に100名を超える行列ができ、
b0101496_20554285.jpg

配布開始5分で完売しました。
b0101496_20561035.jpg

さて、名古屋学院大学は、あつた朔日市で、

芸どころ熱田を紹介する「あつた芸能広場」の運営と、
大学キャンパス屋上で採集された「あつた白鳥はちみつ」を使った
商品の販売などを行いました。

春夏秋の3種類のはちみつ瓶と
亀屋芳広さんとのコラボ菓子「はちみつカステラスク朔日市バージョン」は
昼過ぎに完売!
b0101496_20563844.jpg

b0101496_2057537.jpg

また、あつた芸能広場では、
熱田在住講談師古池鱗林さんがあつた宮宿会製作の
紙芝居「ヤマトタケルと草薙の剣」などを披露しました。
b0101496_20573755.jpg

河村名古屋市長も応援に駆けつけてくれました。
また、弥次喜多仮装の学生も会場を盛り上げてくれました。
b0101496_2058662.jpg

当日、夕方のメーテレUP!で、 「あつた朔日市」が紹介されました。

「熱田神宮あつた朔日市VS伊勢神宮おかげ横丁」という切り口に、
きよめ餅新谷さんの「三大神宮」で熱田神宮が一番になるようがんばりたい、
という力強いコメントが印象的でした。
b0101496_23241443.jpg

翌日の中日新聞朝刊コラム欄に、「あつた朔日市」の記事が掲載されました。
「あつた宮餅」は、「長ーくのびるお餅のように、長生きできそう」とのこと!
b0101496_23254913.jpg

[PR]
by milepost | 2015-10-01 20:49 | 熱田まちづくり
<< もうひとつのチョコレート展in... 河村名古屋市長を表敬訪問(あつ... >>