花とみつばちを中心とした自然環境体験プログラム

2015年6月25日

本日午前に、名古屋学院大学みつばちプロジェクトと白鳥庭園さまとで、
小学校総合学習向けの上記プログラムを連携して実施しました。

熱田区内の野立小学校3年生69名がまずは白鳥庭園に来園。
日本庭園の説明を受けた後、庭園内の花や木を観察、

その後、名古屋学院大学に移動して、
みつばち見学&はちみつ採集体験とミニ講義です。
b0101496_1520374.jpg

教室に入ってすぐに目に飛び込んでくる屋上カメラでのライブ中継に、
児童たちは「すごい!」「想像と全然違う!!」と
驚きを表現してい ました。

そして実際にみつばちが教室に登場した時には、
さらに大きな歓声が上がりました。
b0101496_1521280.jpg

ガラスケースに入ったみつばちを食い入るように見つめ、
「これは何?」「みつばちが集まっているけど、何をしているの?」
と疑問に思うことを学生に質問する姿が印象的でした。

その後遠心分離器を回してはちみつを採取し、
小学校に帰ってから給食の時間に試食してもらえるよう、
はちみつのボトルをプレゼントしました。

今回のイベントでは、みつばちの受粉にまつわる寸劇やクイズに加え、
養蜂やみつばちの生態についてのミニ講義も開催し、
みつばちが自然の中で果たしている役割を学んでもらいました。

児童たちは説明を受けながら必死にメモを取り、会場ではたくさんの
質問が飛び交いました。
b0101496_15211381.jpg

b0101496_15205479.jpg

子供たちからの鋭い質問責めに私も学生もタジタジでしたが、
地域の子供たちが楽しく学習できる環境プログラムを提供できてよかったです!
[PR]
by milepost | 2015-06-25 15:16 | 名学院大学みつばちプロジェクト
<< スターキャットTVにて名古屋か... NHK教育テレビ「TVシンポジ... >>