東海道シンポジウム宮宿大会実行委員会

b0101496_2262699.jpg

熱田神宮創祀1900年を迎え、「東海道シンポジウム」が、
宮宿(熱田)で開催されることになり、

名古屋学院大学も共同主催団体として参画することになるとともに、
実行委員会にもメンバーとして入っています。

開催日は、2013年10月26日(土)で、場所は熱田神宮文化殿の予定です。

東海道シンポジウムとは・・・

NPO法人歴史の道東海道宿駅会議が発起人・世話人となり、
1988年土山宿大会(滋賀県)から始まりました。

東海道の旧宿場町で活動されている方々や地域の方々が集い交流・
そして学びあうイベントとして毎年旧宿場町にて持ち回りで開催されています。

そして、このシンポジウムの第26回大会を
熱田神宮創祀1900年を迎える2013年に、熱田・宮宿へ誘致しました。

今大会は、名古屋を代表する熱田の食の老舗名店
(あつた蓬莱軒・宮きしめん・きよめ餅・亀屋芳弘・妙香園)が中心となり、
大学(名古屋学院大学)・行政(名古屋市・熱田区役所)・NPO(堀川まちネット)など、
多様な地域主体が協力して事業を進めているのが特徴です。

名古屋学院大学では、7月から「名古屋まちなかカフェ講座」にて、
本実行委員の主要メンバーによる「あつた学」講座を開催し、
シンポジウムの盛り上げをはかって来ました。

大会後も本実行委員会メンバーを中心に、熱田のまちづくりを推進していきます。
[PR]
by milepost | 2013-09-20 22:05 | 熱田まちづくり
<< あつた学(名古屋まちなかカフェ講座) 文部科学省「地(知)の拠点整備... >>