マイルポスト写真館2003

マイルポスト10周年を記念して、始まったこの企画ですが、
今回は第2回2003年です。

瀬戸でのマイルポストでのプロジェクトのほとんどは、
マイルポストのスタッフのみで作っているのではなく、
連携して活動している大学のまちづくりサークル(人コミュ)や
「プロジェクト型演習」科目、
あるいは大学の研究プロジェクトチームやNPO団体が作っていたり、
連携して活動していました。

それが、まちづくりの先駆的な試みであったり、話題性があったり、
また効果的であったりと、さまざまなまちづくりの成果を
継続して生み出していくスタイルをとっていました。

その形ができあがったのが2003年でした。

そのひとつが、携帯アクセサリー「赤津七釉セット」開発(2003年9月発売開始)  
b0101496_2049293.jpg

経済産業省の伝統的工芸品として認定された
瀬戸の「赤津焼」で使用されている釉薬は、
織部や黄瀬戸など7種類に限定されています。
  
そこで、この7種類の釉薬『七釉(ななゆう)』に注目し、
学生発案で、それを携帯アクセアリーという形で表現したものが、
この「赤津七釉セット」でした。

マイルポスト雑貨コーナーやせともの祭りなどのイベントで販売し、
累計500セットも売り上げました。

続いて、ITフォローアップ事業
b0101496_20483065.jpg

NPO法人ITサポーター瀬戸が運営するパソコン講座と連携して、

この講座終了後の個別指導をマイルポスト店内のパソコンを使い、
学生インストラクターが行うというものです。
(毎週土曜日の午後に実施していました)

受講者のほとんどは高齢者の方で、
講座が終わると、質問を受け付けてくれるところがない。

家族に聞くと、そんなこともわからないかと怒られるので聞けない。

でも、名古屋学院大学の学生さんは、優しく教えてくれるので
本当に助かります。

と、利用者の方から伺ったことがあります。

さて、瀬戸・銀座通り商店街と名古屋学院大学の学生とで
先進地視察旅行として、2003年6月に長野県小布施町にも行きました。
b0101496_20485262.jpg

TVドキュメンタリー取材班も同行しての旅行で、
その内容は、メ~テレで

「商店街は私たちの教室-大学生のまちづくり成長記-」

と題した20分強の番組として放映されました。

最後の写真は、2003年9月のせともの祭りでの
マイルポスト店内の様子です。

ほとんど満席で、行列待ちになることもしばしばでした。
b0101496_20492944.jpg

この日から発売となった「赤津七釉セット」の店頭販売の様子も
垣間見ることができます。
[PR]
by milepost | 2012-09-14 21:31 | マイルポスト
<< 瀬戸・銀座通り商店街視察旅行 白鳥庭園の名古屋まつり「エシカ... >>