「ほっ」と。キャンペーン

名城大学付属高校「地産地消パン」開発プロジェクト

2011年11月19日より、白鳥庭園にて
第1回目となる「ファーム・エイド名古屋」が開催されました。

これは、人と自然とのつながりを大切に、
この地方で無農薬や自然農法などでがんばっている
小規模農園などの生産者を応援するイベントです。

今回の目玉は、なんと高校生の作るパンでした!

それは、名城大学附属高等学校の生徒開発「地産地消パン」開発プロジェクト

名城大学附属高等学校 総合学科「ビジネスコミュニケーション系列」の生徒30名が
地元の野菜や果物を素材としたオリジナルパンを開発。
白鳥庭園観楓会のみの限定販売をしました。
(協力:名古屋学院大学 平野農園)
b0101496_13584051.jpg

地産地消をテーマに、今年6月ごろからじっくり企画されてきたものを
名古屋学院大学「カフェ&ベーカリーマイルポスト」ベーカリー班が
試作を重ねてきました。
b0101496_13584614.jpg

販売当日は、朝早くからマイルポストでパンを焼き、
それを名城高校の生徒さんたちが袋づめし、材料等の記述のあるラベルシールをはり、
白鳥庭園での「白鳥マルシェ」にて販売しました。
b0101496_13585695.jpg

b0101496_144407.jpg

庭園ステージでは、担当の平山先生と生徒さんに
「地産地消パン」の説明をしていただきました。
b0101496_13592351.jpg

20日日曜日は、店舗前には大行列が!
b0101496_13593729.jpg

b0101496_13594790.jpg

準備したパン400個はあっという間に売り切れました。
平山先生はじめ、高校生の皆さん、そして、パンを焼き続けた
マイルポストスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。

そして、購入してくださったお客様の皆様、ありがとうございました。
[PR]
by milepost | 2011-11-20 18:57 | 熱田まちづくり
<< 白鳥庭園「ファーム・エイド名古... 名古屋みつばち交流サロン >>