名城大学付属高校「地産地消パン」

2011年11月19日(土)20日(日)の両日

白鳥庭園にて「観楓会」が開催され、
芝生広場では「白鳥マルシェ」が行われます。

その会場にて、
名城大学付属高等学校の生徒さんたちが開発した
「地産地消パン」の販売が行われます。

これは、名城大学附属高等学校総合学科
「ビジネスコミュニケーション系列」の生徒さん30名が
5グループに分かれて、地元の野菜や果物を素材としたオリジナルパンを開発。

白鳥庭園観楓会のみの限定販売をするというものです。

この企画は、名古屋学院大学との高大連携特別プロジェクトとして、
また、マイルポストの全面協力によって実現しました。

6月1日に、マイルポストを見学、パン作り体験を行いました。
その模様はこちら

7月13日には、名城大学付属高校キャンパスにて
「地産地消パン」企画商品の発表会を開催。
b0101496_21302452.jpg
b0101496_21303474.jpg

私とマイルポストベーカリー担当柳田君、
白鳥庭園川島所長、そして、今回素材を提供する
「平野農園」さんが、コメンテーターとして参加しました。

さらに、9月28日には、柳田君が実際にパンを試作し、
高校生の生徒さんたちと完成に向けて議論しました。
b0101496_21314841.jpg

b0101496_21321726.jpg

さて、11月の白鳥庭園にはどんなパンが出てくるでしょか。
楽しみですね。
[PR]
by milepost | 2011-10-21 21:35 | マイルポスト
<< 熱田区区民まつり2011 COP10開催1周年記念イベン... >>