中日新聞にマイルポストの記事が掲載されました。

2010年3月14日(日)

今日の中日新聞朝刊(なごや市民版)に、
マイルポストの記事が掲載されました。

目標の「街の交流拠点」へ着々 名院大生運営のカフェ

名古屋市熱田区の日比野商店街で
名古屋学院大の学生が運営する「カフェ&ベーカリー マイルポスト」が、
行事を次々と開き、地元の人や学生でにぎわいを見せている。
オープンから3年目を迎え、目標とする「街の交流拠点」の姿に近付きつつある。

2月末に開いた「あったかミニミニ福祉フェスタ」。
近所の子どもやお年寄り約200人が訪れ、福祉施設の活動などを学んだ。
店員の学生たちは、授産所で販売されるジャムや手作り小物をPR。
5時間で4万4000円を売り上げ、施設の収入に貢献した。

マイルポストは、2008年1月に商店街の貸店舗でオープン。
行事の参加者が増えて手狭になり、
昨年9月に日比野交差点角の同大日比野学舎1階へ移転した。

月1~2回ペースで行事を開催。
内容は街づくりを考える講演、親子パン作り教室など多彩だ。
学生たちは、企画段階から各分野の専門家や団体とかかわり、
商店街の会議や清掃にも出席している。

店長の商学部2年杉本成(あきら)さん(20)は「1日の過ごし方が変わった」と話す。
授業以外はテレビやネットを見る毎日だったが、街に出て人と話す時間が増えた。

「学生が地域の課題や社会問題と出合う場になっている」と
指導役の水野晶夫教授(経済学部)は説明する。
学舎内に移転したことで、一般の学生が店の取り組みに触れる機会も多くなったという。

10月には、徒歩5分の距離にある名古屋国際会議場で、
生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開かれる。
同店は「地域を盛り上げ、売り込む機会に」と新たな作戦を練っている。

通常の営業では、カレーライスや、
発展途上国で生産された豆を使うフェアトレードコーヒーを提供。
手作りパンも販売している。土、日曜と祝日は休み。
[PR]
by milepost | 2010-03-14 19:49 | マイルポスト
<< 名商連「商学連携交流会」 日比野商店街8の日清掃 >>